麒麟がくる10話あらすじネタバレ「ひとりぼっちの若君 」

スポンサーリンク
大河ドラマ
スポンサーリンク

2020年大河ドラマ麒麟がくる9話では、十兵衛が帰蝶の相手を見てきて

嫁ぐ話でした。

では、どうやって10話が進むのでしょうか?

今回は、麒麟がくる10話のあらすじをまとめました。

くまのこ
くまのこ

ネタバレを含みますのでご注意ください。

 

スポンサーリンク

10話あらすじネタバレ

帰蝶が尾張に、嫁いでいくと十兵衛(光秀)の傷が癒してきたので

は、薬を渡して東庵がいる京に戻ります。

 

駒は、幼い頃両親を火事で失い一座の主・伊呂波太夫に引き

とられたのでした。

 

太夫は、先代の女座長の娘で駒の姉代わりでした。

ここで、駒は火事で救ってくれた武将が美濃の人だということを

思い出します。

 

駒は、太夫を置いて東庵がいる家に戻り、十兵衛の傷を直して

くれたお礼でもらった桔梗の家紋の扇子を取り出します。

明智家の桔梗家紋の意味とは悲劇の家紋といわれるのはなぜ?
今回は、大河ドラマ「麒麟がくる」主人公明智光秀の家紋桔梗紋を記事をまとめました 家紋とは、何か?家紋の種類、などわかりやすく説明します。 明智家家紋がなぜ桔梗紋を使っていたのか、桔梗紋に関するエピソードをまとめてみました。

 

1540年三河で、今川義元織田信秀信長親子が

争う戦いが起きたのです。

 

これが、安城城の戦いです。

竹千代を奪い返した安祥城の戦いとは?麒麟がくるの大河ドラマも登場
安城城の戦いについて書きました。織田信長のお父さん織田信秀と徳川家康の父松平広忠も登場します。 3000の織田・水野連合軍が松平広忠と長家が守っていた安城城を巡って争った戦いです。

 

安城城は今川の手に落ち、信長の腹違いの兄・信広が捕えられたの

でした。

 

そして、信広と竹千代の人質交換がおこなわれそう

になっていました。

 

このことを知った斎藤道三は、十兵衛に尾張へ行くことを命じます。

 

乗り気のしないまま、十兵衛は最初菊丸に味噌を用意させて熱田に

向かいました。

味噌を用意させたのは、尾張に行くためでした。

菊丸は、竹千代が今川の人質になるかもしれないということを知っていて

三河の者は皆将来竹千代様が三河の国を豊にしてくれるということを

願っていることを十兵衛に話します。

 

尾張に行くことが、成功すると信長が帰った来たということを知ります。

そして、信長は光秀が鉄砲を知ってることに興味深く十兵衛を見ました。

 

くまのこ
くまのこ

麒麟がくる10話も楽しみですね!

麒麟がくるの1話からのあらすじ・感想をまとめました。

麒麟がくるあらすじと感想まとめ1話から最終話まで一覧
大河ドラマ麒麟がくるのあらすじ一覧です。1話から最終話までのネタバレを含みますので、知りたくない方は注意してください。随時追記していきます。麒麟がくるのタイトルに込められた意味を脚本を手掛けた池端さんがコメントします。

麒麟がくるキャスト一覧のまとめはこちらから。

麒麟がくるキャスト一覧!出演者をわかりやすく説明
麒麟がくるのキャストを一覧でまとめました。大河ドラマといえば豪華なキャストで知られています。 長谷川博己さんをはじめ、多くの出演者のプロフィール記事のまとめました。 大河ドラマを見る参考にしてみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました