染谷将太(大河ドラマ麒麟がくる織田信長)のプロフィールと出演作品見どころ紹介

スポンサーリンク
大河ドラマ
スポンサーリンク

2020年大河ドラマの主人公の明智光秀といえば、主君の織田信長を倒して下剋上をおこしたことが有名です。

麒麟がくるでは、織田信長役は染谷将太さんです。

この記事では、染谷将太さんをまだあまり知らない人へ、染谷さんのプロフィールや経歴、過去の出演作品や受賞歴をご紹介します。

織田信長の人物像や本能寺の変もおさらいします。

ドラマの参考にしてみてください。

スポンサーリンク

染谷将太演じる織田信長とはどんな人

織田信長といえば、圧倒的な武力を持って戦国時代を駆け抜けて、天下統一目前で家臣の明智光秀に裏切られ、京都の本能寺で自害した戦国大名です。

豊臣秀吉、徳川家康と並び三英傑といわれる戦国時代の代表人物です。

 

信長といえば、独裁的で激高型の性格で、強いイメージがあります。

今までの歴史ドラマの中でも信長はそんな感じで描かれています。

 

今回の大河ドラマ麒麟がくるでは、信長を演じるのは、染谷翔太さん。

 

どちらかというと、染谷将太さんの持つ雰囲気は、イメージする信長とは違って、意外!でした。

 

そして、明智光秀と織田信長といえば、日本史史上最大のミステリーといわれる本能寺の変。

家臣の光秀が信長を裏切り、京都の本能寺もろとも焼き討ちしてしまう・・という出来事です。

 

なぜミステリーなのかというと、光秀が本能寺の変を起こした原因がはっきりとわかっていないからです。

 

現在でも、信長に対する恨み説、豊臣秀吉による陰謀説、徳川家康による陰謀説、朝廷陰謀説などたくさんの説があります。

 

ドラマではどう描かれるのか、本能寺の変は一番の見どころとなる場面かと思います。

 

一番有力なのは、光秀個人の信長に対する恨みとする説です。

 

有能な家臣で、その自負もあった明智光秀が、信長からひどい仕打ちをうけたり、

信長の決断が母親が殺される原因となったりしたことから、信長を恨み、とうとう下剋上を起こす。

 

そうであれば、信長はものすごく悪役っぽく描かれそうですが、

なんとなく、染谷翔太さんの持つ感じとは違っているように思います。

 

染谷さんのイメージを覆すような悪役信長となるのでしょうか。

 

もしかしたら、別の理由のストーリーかもしれません。

 

そんな染谷将太さんのプロフィールを見てみましょう

 

スポンサーリンク

染谷将太プロフィールと経歴

 

染谷将太

生年月日 1992年9月3日

出生地  東京都

血液型  A型

 

染谷将太さんは、7歳の時子役として活動を始め、9歳の時に映画に初出演します。

順調にキャリアを積み上げていき、

2009年17歳の時、「パンドラの匣」(ぱんどらのはこ)で映画初主演します。

これは太宰治の長編小説が原作で、結核と戦う20歳の主人公ひばりの恋愛を描いた作品です。

 

演技力が評価され、その後も現在まで映画やCM、ドラマを中心に活躍されています。

 

まだ若い染谷将太さんですが、大河ドラマに出演するのはなんと4回目だそう。

過去には、

2003年 武蔵

2010年 龍馬伝

2011年 江~姫たちの戦国~に出演しています。

初めての大河ドラマが11歳の頃ですから、すでにベテラン俳優ですね。

時代劇の経験も豊富ですから、今回の意外でもある信長役は、個人的にはとても楽しみです。

映画を中心に活躍する染谷将太さんの出演作品をみてみましょう。

 

スポンサーリンク

染谷翔太受賞歴、2020年公開予定作品

2011年に公開された「ヒミズ」では、主人公・住田祐一役を演じました。

平凡な生活を望む中学生の住田祐一は、両親によって将来の夢や希望を壊され、衝動的に父親を殺害します。

母親も蒸発し天涯孤独となった祐一は、狂気に生きようとしているところへ、同級生の茶沢景子によって救われていく、というストーリーです。

 

この作品で染谷将太さんと茶沢景子を演じた二階堂ふみさんは、ベネチア国際映画祭において、新人賞を受賞しました。

ベネチア国際映画祭では日本人初の新人賞受賞であり、とても話題となりました。

日本では2012年に公開され、日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞しています。

 

2011年の「嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん」では、TAMA映画賞 最優秀新進男優賞、毎日映画コンクールの新人賞を受賞しています。

この作品のスピンオフムービーの監督を務めるなど、映画制作にも意欲的です。

染谷将太さんは、映画監督に転身するつもりはないけれど、作品作りは続けていきたいと語っています。

 

また映画やテレビ番組で活躍した俳優におくられるエランドール賞も受賞しています。

 

数々の受賞歴がある染谷将太さんですが、2020年もさらに出演作品が公開される予定です。

 

2019年の11月に公開された「最初の晩餐」。

主人公の東麟太郎役で出演されています。

亡くなった父の葬儀で母が作った目玉焼きから、父親とのかつての穏やかで幸せな食卓を家族とともに回想します。

父親の思い出のレシピを巡り、家族が知らなかった父親の秘密が明かされていく作品です。

 

2020年には、異様な遺体が相次いで発見される事件を女子大生と弟を亡くした青年が真相に迫るホラー映画「シイラサン」、

天才プロボクサーがまさかのKO負けしたことから人生の歯車が狂い、闇に堕ちていく様を描いた「初恋」の2本が公開される予定です。

 

2020年の大河ドラマで織田信長を演じる染谷翔太さんのことをまとめました。

 

実力派俳優として活躍する染谷翔太さんが信長をどのように演じるのか、楽しみですね。

大河ドラマの参考にしてください

信長の父・信秀を演じる高橋克典さんについてはこちらです。

高橋克典(大河ドラマ麒麟がくる織田信秀)のプロフィールと見所紹介
高橋克典さんが大河ドラマで織田信秀を演じます。信長の父で尾張の虎とよばれた織田信秀は、勇ましく戦い戦国時代を駆け抜けました姿を高橋克典さんがかっこよく演じます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました