麒麟がくる大河ドラマ26話「三渕の奸計」感想まとめ

スポンサーリンク
大河ドラマ
スポンサーリンク

麒麟がくる大河ドラマの第26話の感想をまとめました。

26話のあらすじについては、こちらにまとめてあります。

今回は新キャストが登場して、新たな展開に。

十兵衛さんはいよいよ信長に仕えることになるのでしょうか。

 

それでは、26話の感想とまとめいってみましょう~

スポンサーリンク

麒麟がくる26話感想

小藪千豊さんが恨まれ役の二条晴良を好演!

吉本新喜劇座長の小藪千豊さんが二条晴良役で登場しましたね!

近衛前久(本郷奏多)のライバル役として憎まれ役でヒール役を

演じました。

くまぞう
くまぞう

クセのある、公家の役は小藪さん、ピッタリ!!

大河ドラマに初出演した小藪さん本人は、まさか大河に出演が

決まるとは思っていなかったそうです。

そして、他局のスタッフからも

「出演おめでとうございます!」と祝福されたそう。

くまのこ
くまのこ

大河ドラマの影響力ってすごいですね!

 

とうとう足利義栄が将軍職に。一ノ瀬颯さん演じる美形の将軍!

 

 

25話でも少し登場しましたが、いよいよ登場しました!

足利義栄は第14代室町幕府将軍となりましたが、重い病気を

患い、若くして亡くなります。そんな義栄を一ノ瀬颯さんが

演じています。

 

今週の十兵衛さん

越前での暮らしにとうとう見切りをつけて、

十兵衛さんは決断します。

伊呂波太夫(尾野真千子)に背中を押されて、

織田信長を足利義昭を奉じて上洛させる段取りをつけようと

します。

さすが!伊呂波太夫。人柄をしっかりみていますね~

斎藤道三や帰蝶からも、十兵衛さんの話をきいていた

伊呂波太夫。

これで、十兵衛さんいよいよ歴史の表舞台に登場ですね

 

くまのこの感想はこちらから。

麒麟がくる大河ドラマ26話「三淵の奸計」のあらすじ説明

これまでのあらすじ一覧はこちらから~

麒麟がくるあらすじと感想まとめ1話から最終話まで一覧
大河ドラマ麒麟がくるのあらすじ一覧です。1話から最終話までのネタバレを含みますので、知りたくない方は注意してください。随時追記していきます。麒麟がくるのタイトルに込められた意味を脚本を手掛けた池端さんがコメントします。

麒麟がくるは豪華なキャストが勢ぞろい!これまでの一覧はこちらです。

麒麟がくるキャスト一覧!出演者をわかりやすく説明
麒麟がくるのキャストを一覧でまとめました。大河ドラマといえば豪華なキャストで知られています。 長谷川博己さんをはじめ、多くの出演者のプロフィール記事のまとめました。 大河ドラマを見る参考にしてみてください。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました