麒麟がくる大河ドラマ第26話あらすじネタバレ

スポンサーリンク
大河ドラマ
スポンサーリンク

2020年大河ドラマ麒麟がくる第26話が放送されます。

主演を務めるのは、長谷川博己さんです。

 

今回は、麒麟がくる第26話のあらすじをまとめました。

くまのこ
くまのこ

ネタバレも含むのでご注意ください。

スポンサーリンク

麒麟がくる第26話あらすじネタバレ

足利義輝(向井理)が、暗殺されてから2年ほどたった空いたままになった将軍家は、

三好軍が跡継ぎとして推している義栄(一ノ瀬颯)が将軍になろうしていました。

義栄が将軍になろうとして京に入ろうとしていましたが、

重い病をかかえ、摂津の国に長らくとどまることになります。

 

その頃京の権力を握っていたのは、義輝を打ち滅ぼした三好長慶の一族でした。

しかし、義栄を将軍に担ごうとした近衛前久(本郷奏多)が

困った立場に立たされていました。

関白を担う名家の二条晴良(小藪千豊)に立場を脅かされてました。

それは、帝が義昭(滝藤賢一)の元服を許したからでした。

 

1568年4月ついに朝倉義景(ユースケ・サンタマリア)が烏帽子親となり義昭は、

ついに元服を果たしました。

元服をすることで義昭は、将軍になる権力を持ったのです。

義昭が上洛を果たそうとするために十兵衛は、近隣の大名に協力を求めました。

 

大和の松永久秀(吉田鋼太郎)は、今三好軍と戦っている、そして義輝の頼っていた

越後の龍と称される、上杉正虎(上杉謙信)は、領土の内府を整えているため

動けそうにもない、近江の六角家は三好と通じているため敵に回るかもしれないという

状況でした。

 

三河の徳川家康・近江の浅井長政は、力不足、越前の朝倉・美濃の織田信長なら

義昭の上洛に手を貸してくれそうと期待できる状況でした。

 

十兵衛(長谷川博己)のもとへ、朝倉家重臣・山崎吉家が訪ねてきました。

明日義昭の元服祝いをするので、来てほしいと言うことでした。

 

十兵衛は、それには行かないというと、それでは困ると言います。

それには、理由があった。

京から来た伊呂波太夫が、十兵衛に会いたがっていたからだ。

義景は、宴の中で嫡男の阿君丸を隣に置き上機嫌でした。

しかし、義景の従兄妹の景鏡(かげあきら・手塚とおる)は、

「義昭を将軍に着かせるには、何万もの兵が必要だ遊びではない」と言いました。

景鏡が十兵衛を頼ると家臣と義昭の家臣が十兵衛を見ました。

十兵衛は、仕方なく諸大名の動きを伝えるとみんな白けてしまいました。

 

細川藤孝(眞島秀和)がまた、宴の空気を救うと、

十兵衛は廊下で伊呂波太夫(尾野真千子)と会います。

 

伊呂波太夫は、義景では将軍を支えきれないと言います。

十兵衛がこの上洛を段取り良く進められるのだと背中を押します。

そして、頼れるのは、美濃の織田信長(染谷将太)と言いました。

 

数日後、十兵衛は織田信長に会いに美濃の岐阜城へ向かいます。

そして単独で義昭を奉じて京へ上洛するよう進言します。

十兵衛に促されて信長は京へ行く決心をし、義昭を美濃へ連れてくるよう命じます。

くまぞう
くまぞう

麒麟がくるが楽しみですね!

麒麟がくるのキャスト一覧はこちらにまとめてあります。

麒麟がくるキャスト一覧!出演者をわかりやすく説明
麒麟がくるのキャストを一覧でまとめました。大河ドラマといえば豪華なキャストで知られています。 長谷川博己さんをはじめ、多くの出演者のプロフィール記事のまとめました。 大河ドラマを見る参考にしてみてください。

 

麒麟がくるあらすじの一覧はこちら。

麒麟がくるあらすじと感想まとめ1話から最終話まで一覧
大河ドラマ麒麟がくるのあらすじ一覧です。1話から最終話までのネタバレを含みますので、知りたくない方は注意してください。随時追記していきます。麒麟がくるのタイトルに込められた意味を脚本を手掛けた池端さんがコメントします。

 

麒麟がくる年表をまとめました!

麒麟がくる年表でわかる!明智光秀の生きた戦国時代のまとめ
今回は大河ドラマ麒麟がくるのあらすじを紹介しながら光秀の生きた戦国時代を分かりやすく紹介します。 ナレーションの海老蔵さんが説明していることで、なぜ起こったのか気になりませんか? 今回は、主に明智光秀が戦った争いを中心に麒麟がくるのドラマの年表を分かりやすくまとめました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました