麒麟がくる12話感想まとめ「十兵衛の嫁」

スポンサーリンク
大河ドラマ
DSC_0338
スポンサーリンク

麒麟がくるの12話の放送終了後の感想のまとめです。

第12話は「十兵衛の嫁」でした。

1550年駿河の今川義元が尾張の織田信秀と戦いを始めます。

尾張と同盟を結んでいる美濃は援軍を要請されます。

道三はそれにどのように応えたのでしょうか?

 

それでは、第12話の感想いってみましょう~。

くまのこ
くまのこ

ネタバレありなので注意してください。

スポンサーリンク

麒麟がくる12話の感想

12話の感想

今回のお話は、近江の国に行き、将軍義輝に尾張と駿河の仲立ちを

してもらうことで、戦いを休戦することになった織田信秀がいよいよ

容態が悪くなってしまいました。

息子の信長信勝を呼び寄せて、自分の亡き後のことを伝えますが、

全然納得のいかない信長。その場で泣きだしちゃいそうでしたね。

部屋に戻ってから号泣しちゃったりして、本当に染谷将太さんの

信長に感情移入してしまいました。

 

この様子に居ても立ってもいられない帰蝶は、直接信秀に会って

跡継ぎについてどう考えているのか問いたてます。

「胸の内を話してくれたら、東庵先生を読んであげます。」

なんて、かなり重病人の信秀に向かっていい放つ帰蝶。

かなりの気丈な性格の女性です。

 

そして帰蝶は、部屋に戻り、すねえもん・信長に信秀の告白を伝えます。

信長は、たちまち目をキラキラさせて自信に満ちた顔になりました。

表情だけで心の動きを見事に表現する染谷翔太さんの演技、すばらしかった。

そしてそれを見つめる帰蝶。まるでお母さんのよう。

十兵衛さんを見つめるお牧さんのようなあたたかな笑顔に似てました。

この夫婦の関係は、かなり良好のようです。

麒麟がくる川口春奈の帰蝶はバツイチ!信長との結婚の経緯は?
麒麟がくるの帰蝶役・川口春奈さんの演技が評判になっています。 川口さんの帰蝶の演技が時代劇初挑戦とは思えないほど、 堂々としていましたね。 今回は帰蝶はバツイチだった!信長との結婚の経緯を詳しく説明します。 川口春奈...

 

帰蝶はこの先もこの信長を暖かく包み込んでくれそうですね。

くまぞう
くまぞう

ずっとこわい信長出てこないといいね!

 

今週の十兵衛さん

おだやかな日差しの下、タカ狩りに来てはぐれてしまった十兵衛さん。

偶然にも熙子に出会います。

そして十兵衛さん、熙子にプロポーズ!

幼なじみで、「お嫁においで」と言われたことをお互い覚えていたと。

 

くまのこ
くまのこ

光安と母のお牧さんにやや仕組まれた感がありますが・・・。

とうとう結婚することになりました。

よかったね、十兵衛さん!

明智城で、結婚の報告をする十兵衛さん。

光安やお牧さんの喜びようといったら・・・でした。

大切に育てたおぼっちゃまを手放すような涙を流す2人。

それをそんな大げさな・・とでも言うような表情の十兵衛さん。

現代の家族のような光景でした。 親子っていつの時代もこんな感じなのでしょうか。

 

くまのこ
くまのこ

十兵衛さん、今週はおつかいはお休みで、よかったね!

スポンサーリンク

麒麟がくる12話見どころ

鷹を贈られ歓喜するモッくん道三からの鬼のマムシ道三。

美濃の守護・土岐頼芸からタカを贈られた道三

まさか爪に毒があるとは・・・。毒を盛って、盛かえされたモッくん道三。

 

鬼の形相で家臣を集め、意見を聞きます。

頼芸が贈ったタカのせいで若い家臣が犠牲になってしまった。

美濃のために尽くしてきたのに、なぜ毒を盛られなければならないのか。

そういう道三がとても悔しそうでした。

このセリフが美濃の国のため、家臣たちのために責任を負っている

という気持ちが伝わってくるシーンでした。

 

しかし、これからの美濃は、バラバラになっていきます。

十兵衛さんは明智家としては道三に従うのでしょうが、

息子の斎藤義龍に、一緒に道三を倒そうと言われ揺れています。

長良川の戦いとは?斎藤道三・義龍親子最大の戦い明智光秀はどちらについた?
今回は、麒麟がくる大河ドラマ第17話で出てくる戦い長良川の戦いについて記事をまとめました。 内容は道三は、1556年に義龍軍と戦います。 道三と義龍が戦う前どんな状況だったのか? 尾張の織田信長は、援軍に駆け付けましたが道三は討ち取られていました。 十兵衛と光安は、その後義龍に攻められます。 光安は、亡くなり十兵衛は熙子や左馬之助とともに越前へ逃げます。

 

前回、近江に行くために義龍の言うことはどんなことでも

聞くなんて言ってしまったことを後悔しているかもしれません。

 

毒を盛ったのは、頼芸なのに、そちらに加担するという義龍

だんだんとブラックなイメージになってきましたね。

 

新しいキャスト登場!

十兵衛さんの叔父・明智光安の息子の明智秀満が登場していました。

十兵衛さんと一緒にタカ狩りに出かけます。

妻木荘の方へ行け!とお父さんに言われ、はぁ。という表情。

十兵衛さんにそっくり。いとこだから似てるのかな?

この明智秀満役は間宮祥太朗さん。こちらにまとめました。

間宮祥太朗麒麟がくるの明智秀満役で初大河出演!プロフィールまとめ
俳優の間宮祥太朗さんが麒麟がくる新キャストとして発表されました。明智光秀の重臣として活躍した明智秀満役で登場します。記者会見では大河ドラマに向けての意気込みをコメントしました。間宮祥太朗さんについてプロフィールをまとめてみました。

 

明智秀満は歴史上でも明智光秀の最も信頼する家臣の一人で、

光秀と運命を共にします。 間宮祥太朗さんのファンの方は

この先もずっと楽しめますね。

その他の明智光秀を支えた家臣団についてはこちらにもまとめました。

麒麟がくる未発表のキャストはいる?菊丸の正体は?
麒麟がくるキャスト未発表の人物を予想しました。光秀の活躍を支えた家臣たちはきっと後半にかけて 登場するので、どんな人物であったのか気になります。主に有名な5人の家臣についてまとめました。 豪華なキャストに期待したいですね。

 

くまぞうのあらすじまとめはこちら。

【麒麟がくる】12話「十兵衛の嫁」小学生が語るあらすじ

 

麒麟がくるの人気記事はこちらです。

明智光秀と帰蝶(濃姫)の本当の関係は?織田信長とまさかの三角関係?
大河ドラマ麒麟がくるの明智光秀は織田信長の正室帰蝶といとこであったといわれています。また一方で二人は恋愛関係で織田信長と三角関係になったというドラマもありました。本当の関係はどうであったのか調べてみました!またドラマのオリジナルキャラクターの登場で光秀を巡るあらたな関係が描かれそうです。

次週が待てない!続きが知りたい!13話あらすじはこちらから。

麒麟がくる第13話あらすじネタバレ
今回は、麒麟がくる大河ドラマ第13話のあらすじを記事にまとめました。 明智十兵衛と熙子は結婚し、鉄砲組を作りました。 さらに、道三と信長と道三が会見します。

前回の11話の視聴率が発表はこちら

麒麟がくる視聴率11話は14.3%!注目は向井理が麒麟を語る!
麒麟がくるの11話の視聴率が発表されました!今週もストーリーを楽しみました。 足利義輝を演じる向井理さんの麒麟を語り、雪が舞う美しいシーンでした。 見逃した方へも便利なあらすじをくわしくまとめてあります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました