麒麟がくる視聴率11話は14.3%!注目は向井理が麒麟を語る!

スポンサーリンク
大河ドラマ
スポンサーリンク

麒麟がくるの第11話視聴率が発表されました。

11話の視聴率は 14.3%でした。

またBSの「早麒麟」の視聴率は、番組最高5.5%となりました。

今回は11話の視聴率を知りたかった方へ、11話の振り返りも一緒に

まとめました。

ますます楽しくなってきた大河ドラマ麒麟がくるを楽しみましょう~

スポンサーリンク

麒麟がくる11話あらすじ

くまのこ
くまのこ

ネタバレありになりますのでご注意ください。

1549年11月、三河の松平竹千代と尾張の織田信秀の長男・織田信広の人質交換が

行われます。

織田信秀は、自分の子と思い命を救いますが、城を今川軍に取られ、無傷で帰ってきた信広に

憤りを隠せません。また自分の体も病魔に侵されていることを感じます。

 

一方、駿府の今川館では、今川義元が竹千代を歓待します。

竹千代は「いつ三河に帰れますか?」とたずねます。

義元はいづれ時がくればと言い、年明けに三河を守るという大義のために

織田を攻めると太原雪斎に伝えます。

 

翌1550年、今川軍が西へ侵攻を進めます。

危機を感じた織田軍は、同盟を結んだ美濃の斎藤道三へ援軍を要請します。

田植えの時期を控え、今援軍を出すことができないと判断した道三は、

「米は送れるが、援軍は送れないと伝えよ。」と光安に十兵衛を使者として

向かわせるよう命じます。

また、自分ばっかり・・・とやや不満げに尾張に向かう十兵衛

 

尾張に来た十兵衛は、重臣・平手政秀に、道三からの伝言を伝えます。

美濃からの援軍を期待していた政秀は、怒りを抑えられず部屋を出ていきます。

帰蝶と二人残された十兵衛は、どうしたものかと悩んでいると、

帰蝶が、「私は美濃に帰るべきか?」とたずねます。

「織田はそれを許さないでしょう。」と十兵衛は答えます。

 

すると、織田信長が現れ、美濃の援軍について仕方ないと言い、

ここは和議をすることを思いつきます。

十兵衛が、美濃の内紛があったときに将軍の力を借りてその争いを

止めてもらったことがある。と思い出します。

帰蝶が、将軍の側にお仕えしている方と懇意になったのなら、十兵衛に

会いに行ってもらい、仲裁に入ってもらうよう頼んでみては?と提案します。

信長も賛同し、またしても戸惑いながら美濃へ帰って、道三に報告をするのでした。

 

十兵衛の報告を聞いた斎藤道三は、帰蝶の提案について、

「勝手にしろ。しかし金はビタ一文ださぬ。」と言い放ちます。

困った十兵衛は、斎藤義龍を説得して、今後どんな言うことも聞くから

土岐頼芸のところへ連れて行ってほしいと頼みます。

 

土岐頼芸の館で2人は今回のことを話しますが、頼芸は将軍にお願いするには

お金がかかることを知っていて、また道三が自分を美濃から追い出すことを考えている

と義龍に迫ります。

義龍は否定しますが、もし道三がそう考えているなら自分は頼芸につき、

父を討つことを約束させられます。

それを聞いて頼芸は金をだすことになりましたが、

十兵衛が、金10枚!というと、目が飛び出そうなくらい驚きます。

 

その頃京は、三好長慶が主君・細川晴元に反旗をひるがえし、争いが激しく

将軍・義輝は近江へのがれていました。

十兵衛は、近江へ向かう途中、宿で偶然細川藤孝に出会います。

細川藤孝に将軍に謁見したいと頼み、朽木荘に向かいます。

 

義輝は十兵衛のことを覚えていて、将軍とは武士の頭(かしら)であり、

世を平らかにする人物である。

武士同士の争いには争うなと命じなければならないお方であると言っていたことが、

背中を押されたと言います。そして世を平らかにすれば麒麟がやってくると。

しかし現実は争いが絶えず、麒麟を連れてくることができない、無念だと

涙を流します。

義輝は十兵衛に仲裁の使者を送ることを約束します。

そして、十兵衛に麒麟がくる道は遠いのう。と静かに言うのでした。

 

11話の注目は、向井理さんの麒麟を語るシーン

11話の最後に、十兵衛と家臣に将軍・義輝が麒麟のことを語るシーンがありました。

このシーンは感動した声も多くありましたね。

 

くまのこ
くまのこ

来週も麒麟がくるが楽しみですね!

麒麟がくる11話の感想のまとめはこちらです。

麒麟がくる11話感想まとめ「将軍の涙」
麒麟がくる11話「将軍の涙」の感想をまとめました。 織田信秀は信長の兄・信広を見捨てることはできず、竹千代を差し出し、今川義元と人質交換を行います。 尾張と駿河の争いを休止するために十兵衛さんはまた京に向かいます。そこで出会ったのは

続きが気になるっ!麒麟がくるの12話ネタバレありのあらすじはこちら。

麒麟がくる第12話あらすじネタバレ「十兵衛の嫁」
今回は、麒麟がくる大河ドラマ第12話あらすじを記事にまとめました。 十兵衛は、信長と帰蝶に説得されてまた京に行きます。 無事、義輝に尾張と三河に使者を送って争いが終わりました。 信長は、信秀の跡継ぎになれないことを悔しがりますがそのことを帰蝶が信秀に信長はどんな男だと聞き 信長も帰蝶からその話を聞きます。

かわいい竹千代を演じる岩田琉聖さんの記事はこちら。

岩田琉聖(麒麟がくる竹千代)がかわいいと話題!プロフィールと経歴
麒麟がくるの竹千代役の岩田琉聖君がかわいいと人気です。琉聖君は子役としてすでに多くの作品に出演しています。今回は、琉聖くんのプロフィールと出演作品をまとめました。かわいいだけじゃない、演技力のある琉聖くんの成長が楽しみですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました