麒麟がくる第12話あらすじネタバレ「十兵衛の嫁」

スポンサーリンク
大河ドラマ
スポンサーリンク

2020年大河ドラマ麒麟がくる第11話は、竹千代と織田信広の人質交換が行われて

十兵衛は、将軍・義輝と会う話でした。

では、12話がどうやって進むのでしょうか?

今回は、麒麟がくる第12話のあらすじを記事にまとめました。

くまのこ
くまのこ

ネタバレを含みますのでご注意ください。

スポンサーリンク

麒麟がくる大河ドラマ第12話あらすじネタバレ

十兵衛は将軍・義輝に会い、織田軍と今川軍の争いの仲裁に入ってもらうよう

お願いに行きました。

そして義輝は、納得して尾張の織田信秀今川義元に使者を出し争いをやめるよう言います。

役目を終えた十兵衛は無事に美濃へ帰ることができます。

 

澄んだ冬の日、十兵衛は光安の子の明智左馬之助(明智秀満)に鷹狩りをさそわれて外に出ます。

馬と歩いている途中皆とはぐれてしまって近くにあった妻木荘に行きました。

 

十兵衛が、井戸端で休んでいると声をかけられました。

声をかけたのは、十兵衛の幼なじみの熙子でした。

熙子は、これで寒さをしのぐようにと囲炉裏で温めた石を渡してくれました。

1551年尾張の織田と三河・遠江・駿河の大名今川義元は、義輝からの

使者が来て和議を結びました。

 

その年の、暮れ末森城にいた信秀は信長と信勝を部屋に呼びます。

信秀が病だったからです。

信秀は、自分が死んだあと信勝に末森城を与えて信長の家臣・柴田勝家を信勝の家臣にする

と言いました。

 

信長は、信秀の跡継ぎでもありながら信勝に信秀を居城・末森城を弟に譲られ悔しがった

まま部屋を出て帰蝶がいる部屋に入ります。

 

信長は、家督を信勝に取られてしかもそれを考えているのが

二人の母・土田御前が考えていたことを知っていて悔しがり、

涙がぽろぽろ信長から落ちます。

 

帰蝶は、信長が悔しがっていた姿を見て信秀がいる部屋に入ります。

信秀が信長のことを、どう思っているか聞きに行きました。

 

帰蝶は、信秀の話を聞いて信長がいる部屋に戻ります。

信長は、父・信秀が帰蝶になんといったか聞きたいといいました。

帰蝶は、一瞬迷った後信長に信秀の言ったことを伝えます。

「信長は、自分の若いころに瓜二つだ。長所も短所もまるで己を

見ているみたいで可愛い、尾張を任せる強くなれ」と

帰蝶が信秀に聞いたことを信長に話します。

 

それを聞いた、信長は部屋を出て行きました。

一方美濃では、事件が起こっていました。

土岐頼芸が、自分の自慢を鷹を道三に送られていたのです。

ですが、その鷹の爪には頼芸が塗った毒が入っていて近くにいた人がなくなったのでした。

くまのこ
くまのこ

来週も麒麟がくるが楽しみですね。

麒麟がくるの1話からのあらすじ・感想をまとめました。

麒麟がくるあらすじと感想まとめ1話から最終話まで一覧
大河ドラマ麒麟がくるのあらすじ一覧です。1話から最終話までのネタバレを含みますので、知りたくない方は注意してください。随時追記していきます。麒麟がくるのタイトルに込められた意味を脚本を手掛けた池端さんがコメントします。

麒麟がくるキャスト一覧のまとめはこちらから。

麒麟がくるキャスト一覧!出演者をわかりやすく説明
麒麟がくるのキャストを一覧でまとめました。大河ドラマといえば豪華なキャストで知られています。 長谷川博己さんをはじめ、多くの出演者のプロフィール記事のまとめました。 大河ドラマを見る参考にしてみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました