麒麟がくる10話感想まとめ「ひとりぼっちの若君」

スポンサーリンク
大河ドラマ
スポンサーリンク

麒麟がくるの10話の放送終了後の感想のまとめです。

第10話は「ひとりぼっちの若君」でした。

同盟を結んだ尾張の行方が気になる道三が、またまた十兵衛さんに

命じたことは・・?

それでは、第10話の感想いってみましょう~。

くまのこ
くまのこ

ネタバレありなので注意してください。

スポンサーリンク

麒麟がくる10話の感想

10話の感想

京に帰った駒ちゃん。毎日毎日何をしても気が晴れません。

くまのこ
くまのこ

たまには気を紛らす方がよいのかもね。

 

姉代わりとなって育ててくれた伊呂波太夫が心の整理をしてくれます。

尾野真千子大河ドラマ麒麟がくる(伊呂波太夫)のプロフィールと見どころ紹介
尾野真千子さんは大河ドラマ麒麟がくるの伊呂波太夫役で出演します。架空の登場人物で明智光秀とどのようにかかわっていくのかが見どころです。尾野真千子さんのプロフィールや経歴、出演作品をまとめました。大河ドラマを楽しく見る参考にしてください。

 

十兵衛さんの明智家の誰かが自分の恩人と分かって心が少し落ち着いたのかもしれません。

明智家の家紋に使われている桔梗という花は、日本古来の花で古くは万葉集や家紋に使われた

日本人に愛されている花。

ちなみに花言葉は、永遠の愛、誠実。

もらった明智家の扇子を見つめて涙するこまちゃん。

初めての失恋の傷をいやして、元気になってほしいな。

明智家の桔梗家紋の意味とは悲劇の家紋といわれるのはなぜ?
今回は、大河ドラマ「麒麟がくる」主人公明智光秀の家紋桔梗紋を記事をまとめました 家紋とは、何か?家紋の種類、などわかりやすく説明します。 明智家家紋がなぜ桔梗紋を使っていたのか、桔梗紋に関するエピソードをまとめてみました。

 

今週の十兵衛さん

今週は息つくまもなく、道三から光安ともに呼び出される十兵衛さん。

意見を述べに来い。とのことですが、光安と一緒に呼べ出されると、

必ずどこかへお使いに出される十兵衛さん。

このくだりは定番です。

廊下で光安叔父さん、愚痴りまくる。

道三に会うと、光安ははいはいと従うばかり。意見はありません、言えません。

くまのこ
くまのこ

西村まさ彦さん、こういう演技は得意そう!

今回は、「美濃へ行け。」と指令が。

「は?」というこの反応も定番ですが、

 

「鬼め!」もう、そういうしかないね。

だんだん毒を吐くようになった十兵衛さん。

道三に仕えるのも、疲れるでしょう。

スポンサーリンク

麒麟がくる10話見どころ

正体がなんとなくわかった菊丸の忍者感丸出し。

美濃から尾張へ向かい、まずは熱田の市場で菊丸から味噌を手に入れた十兵衛さん。

帰蝶への手土産にします。

お城へ向かう道中、三河の竹千代ぎみが尾張に捕らえられている今の状況をどう思うか、

菊丸にたずねます。

竹千代ぎみがいつか三河に戻ってきて、まわりに脅かされることなく国を盛り立ててほしい。

と、やたら熱心に語る菊丸に、ちょっと不思議に感じる十兵衛さん。

でもまだ気づきません。

 

 

那古野城で味噌を届けてから、十兵衛さんが帰蝶と信長と会い帰る時。

すでに菊丸は帰ってしまったとのこと。

おかしいな・・と思いつつ、帰る十兵衛さん。

菊丸の正体をなんとなく、不思議に思っていたかもしれません。

その時天井に忍び込み、こっそり信長と竹千代の話を盗み聞く菊丸。

 

くまのこ
くまのこ

バリバリの忍者・菊丸でした!

 

母の愛情に飢えている信長

今回十兵衛さんと信長が正式に出会い、言葉を交わしました。

そこで信長は、自分のことを語り始めます。

小さなころから母に振り向いてほしかったから。

大きい魚を取っておかあさんに褒めてもらいたいなんて。

それなのに、冷たくするお母さん。

弟の信勝を溺愛しています。

利発な子より、頼りない子の方をかわいがるんでしょうか。

このことがその後の織田家の家督争いになっていき、悲劇につながるのです。

母の愛を十分に感じることができず、だんだんひねくれてしまったんでしょうね。

くまのこ
くまのこ

ちょっとかわいそうね。

 

 

くまぞうの感想はこちら。

【麒麟がくる】10話「ひとりぼっちの若君」小学生が語るあらすじ

 

人質交換のきっかけとなった安祥城の戦い

竹千代を奪い返した安祥城の戦いとは?麒麟がくるの大河ドラマも登場
安城城の戦いについて書きました。織田信長のお父さん織田信秀と徳川家康の父松平広忠も登場します。 3000の織田・水野連合軍が松平広忠と長家が守っていた安城城を巡って争った戦いです。

 

明智家の家紋は桔梗の花がモチーフですが、悲しい家紋でもあるのです。

明智家の桔梗家紋の意味とは悲劇の家紋といわれるのはなぜ?
今回は、大河ドラマ「麒麟がくる」主人公明智光秀の家紋桔梗紋を記事をまとめました 家紋とは、何か?家紋の種類、などわかりやすく説明します。 明智家家紋がなぜ桔梗紋を使っていたのか、桔梗紋に関するエピソードをまとめてみました。

今回初登場の尾野真千子さん。駒ちゃんの姉代わり

尾野真千子大河ドラマ麒麟がくる(伊呂波太夫)のプロフィールと見どころ紹介
尾野真千子さんは大河ドラマ麒麟がくるの伊呂波太夫役で出演します。架空の登場人物で明智光秀とどのようにかかわっていくのかが見どころです。尾野真千子さんのプロフィールや経歴、出演作品をまとめました。大河ドラマを楽しく見る参考にしてください。

 

麒麟がくるの人気記事はこちらです。

明智光秀と帰蝶(濃姫)の本当の関係は?織田信長とまさかの三角関係?
大河ドラマ麒麟がくるの明智光秀は織田信長の正室帰蝶といとこであったといわれています。また一方で二人は恋愛関係で織田信長と三角関係になったというドラマもありました。本当の関係はどうであったのか調べてみました!またドラマのオリジナルキャラクターの登場で光秀を巡るあらたな関係が描かれそうです。

麒麟がくる11話あらすじはこちらから。(ネタバレありです)

麒麟がくる第11話あらすじネタバレ「将軍の涙」
今回は、麒麟がくる大河ドラマ第11話あらすじ記事にまとめました。 信広と竹千代の人質になり帰蝶とまた再会います。 利政と十兵衛は、平手政秀の援軍要請を断り京に行きました。 また、細川藤孝と出会います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました