麒麟がくる大河ドラマ23話感想まとめ「義輝、夏の終わりに」

スポンサーリンク
大河ドラマ
スポンサーリンク

麒麟がくるが再開しましたが、ストーリーが大きく展開しましたね!

将軍・義輝は追い詰められていて、十兵衛は必死で力になろうとしています。

23話の感想をまとめてみました。

それでは、麒麟がくる23話の感想いってみましょー!

スポンサーリンク

麒麟がくる23話感想

つれない信長と将軍暗殺計画におどろく十兵衛さん

 

将軍・義輝(向井理)が依然とかわらない志の持ち主だとわかった十兵衛さん(長谷川博己

は、なんとか力になろうと、尾張の織田信長(染谷将太)のもとへ行き、

上洛するよう将軍からの御内書をもっていきます。

 

しかしつれない、信長・・・

信長は美濃の平定がうまくいかず、あせっていました。

木下藤吉郎(佐々木蔵之介)にまかせてしまいます。

 

十兵衛に将軍義輝暗殺計画があることを耳に入れます。

おどろく十兵衛さん!

 

くまのこ
くまのこ

しかし、いつの間にか立派な武士になっていたなぁ。藤吉郎。

 

駒ちゃんはいったい何者?つぎつぎと重要人物と絡む展開に!

大和の国で人々に食べ物を配る覚慶(滝藤賢一)に出会う駒ちゃん(門脇麦)。

京では十兵衛さん、駿河の国では木下藤吉郎と徳川家康(風間俊介)。

そして最近では近衛前久(本郷奏多)と、重要人物に次から次へと出会う駒ちゃん。

 

今回は将軍・義輝(向井理)の弟で僧侶になっている覚慶(滝藤賢一)に

出会います。

 

お互い現実に心を痛めていて、1人でも多くの傷ついた人を助けたいと思っています。

覚慶は麒麟が来ないとを嘆いて、麒麟がくる世の中になってほしいと強く願っています。

その話を聞いて驚く駒ちゃん!

麒麟のことを知っているなんて!

 

追っ手から逃げ出した2人が市にいって一緒に亀をみて、年齢を

あてるシーン。

なぜ、亀なのか・・。

 

これから運命が激変する覚慶に、ほのぼのとした瞬間でしたね。

 

なんだか駒ちゃんに不思議な感情が芽生えたのかも・・・。

そして、覚慶というと、芸人の輪にはいる駒ちゃんを見つめるシーン。

これは、何か2人の間に起こりそうな予感が・・

 

駒ちゃんが会う人物は、将来世の中を動かす大物となる人物ばかり。

 

くまのこ
くまのこ

今後、どうなっていくか楽しみですね!

 

喧嘩をした東庵先生のもとに戻った駒ちゃんですが、今度はあの丸薬が

大ヒット商品になっていました。

こうなったら、伊呂波太夫の力を借りて、丸薬を売って売って売りまくり

ビジネスウーマンになる!?

明智光安は生きのびて、駿河で丸薬を作る老人になっていた?
麒麟がくる20話「家康への文」の放送がありましたね。 いよいよ尾張と駿河の国の緊張感が高まってきて、 桶狭間での対決の直前でした。 駿河の国にいる駒ちゃんが、戦場に行く元康(徳川家康)のために 渡した万能薬を作った人...

 

大和の国でツボを割る松永久秀。将軍の価値とは?

将軍・義輝暗殺計画があることを知り、松永久秀に確かめに行った

十兵衛さん。

久秀は、3つの壺のうち、見定めて一つを選び、あとの2つを壊します。

物には価値が初めからあるわけではない。

自分が価値があると決めた壺以外は、その価値を高めるために

失くしてしまうということ。

訳の分からない十兵衛さんに対して、久秀は言います。

将軍の場合も同じく、価値が人が決めるもの。

と言い、今の将軍・義輝がどんなに諸大名に上洛を求めても

誰も応じないのは、人々が将軍の価値を認めていないからであると

十兵衛さんに言うのです。

 

くまのこ
くまのこ

夕日に染められた部屋のシーンが印象的でしたね。

 

剣豪将軍・義輝。いよいよ追い詰められて

十兵衛さんの奮闘むなしく、織田信長の力を借りることはできませんでした。

二条御所にいる将軍・義輝にそのことを報告しに行くと、仕方がないと

いう将軍・義輝。

武士社会のトップにたつ将軍の中でも、類まれなる剣の使い手で、剣豪将軍と

言われています。

そして歴史上、後にも先にも自ら兵を率いて暗殺されたただ一人の将軍です。

永禄の変とは?麒麟がくるに登場の将軍・足利義輝の最期の戦い
今回は「足利将軍が自ら兵を率いて出つ陣した」と言われる永禄の変を紹介します。 松永久秀が「悪」と言われる理由にもなった永禄の変。 三好義継が三好家の養子になってからの最大の、事件とも言えます。 その永禄の変を歴史を知らない人でも、わかりやすく解説します。

 

くまぞう
くまぞう

悲劇の将軍とも言われているよ。

向井理さんの演じる足利義輝は、とても美しい将軍でした。

麒麟がくるの意味は?向井理の将軍・義輝はなぜ涙を流していたのか?
麒麟がくる11話で向井理さん演じる足利義輝が麒麟について語りました。 平和の世の中をもたらす人物にこそ、麒麟が現れる。そう静かに語り、涙を流したそのわけは?

 

スポンサーリンク

くまぞうの23話あらすじと人物関係図はこちらから!

麒麟がくる大河ドラマ23話「義輝、夏の終わりに」のあらすじ説明

 

麒麟がくるは豪華なキャストが勢ぞろい。キャスト一覧でおさらいしましょう。

麒麟がくるキャスト一覧!出演者をわかりやすく説明
麒麟がくるのキャストを一覧でまとめました。大河ドラマといえば豪華なキャストで知られています。 長谷川博己さんをはじめ、多くの出演者のプロフィール記事のまとめました。 大河ドラマを見る参考にしてみてください。

来週の放送まで待ちきれない!24話のあらすじをチェック!(ネタバレを含みます。)

麒麟がくる大河ドラマあらすじネタバレ第24話
今回は、2020年大河ドラマ麒麟がくる第24話のあらすじを記事にまとめました。 内容 十兵衛は、将軍足利義輝が討ち死にしてしまったことを知ると松永久秀のいる大和の国に行った。 覚慶が和田の館にいるということを知ると十兵衛は、大和の国をでた。 駒が、作った丸薬はものすごく売れていたのである。 十兵衛が、覚慶とあうとじっと見つめあい覚慶が館に帰ると不安の顔になった三淵だった。 今回の記事は、どうだったでしょうか?

麒麟がくるの時代がわかる。まるわかり年表はこちらから。

麒麟がくる年表でわかる!明智光秀の生きた戦国時代のまとめ
今回は大河ドラマ麒麟がくるのあらすじを紹介しながら光秀の生きた戦国時代を分かりやすく紹介します。 ナレーションの海老蔵さんが説明していることで、なぜ起こったのか気になりませんか? 今回は、主に明智光秀が戦った争いを中心に麒麟がくるのドラマの年表を分かりやすくまとめました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました