麒麟がくる8話感想・評判まとめ「同盟のゆくえ」

スポンサーリンク
大河ドラマ
スポンサーリンク

麒麟がくるの8話の放送終了後の感想と評判のまとめです。

第8話は「同盟のゆくえ」でした。

今週は、それぞれの人物のいろんな思惑が行き交って、

これからの展開が期待される回でした。

新しい登場人物もたくさん出てきましたね。

第8回の感想をまとめてみました。

くまのこ
くまのこ

ネタバレありなので注意してください。

スポンサーリンク

麒麟がくる8話の感想

8話の感想

今回のお話で、帰蝶が尾張に行くことを決めた、十兵衛さんは道三の考えに従い、

斎藤義龍との仲が決定的となるなど、歴史が動きだす出来事がありました。

でもそれを決めたのは、女性たち。

戦国の世でも、女性が大活躍!でした。

 

尾張にお嫁に行くよう帰蝶を説得するために

織田信長を見に行ってきた十兵衛さん。

帰蝶にこのまま報告していいのかどうか、すごく悩みます。

悩んで悩んで、おかーさんに背中をおしてもらいましたw。

大事なものは、この国ぞ。

 

いやあ、美濃の国の行く末をびしーっと決めてくれたお牧さん。

 

くまのこ
くまのこ

お牧さんが言わなかったら、どうなっていたことやら。

 

一方、駒と帰蝶はお互いの心の中を伝えます。

ここで帰蝶は自分の想いを駒に伝え、駒の気持ちも確認します。

 

そして、自分の気持ちには十兵衛さんが答えてはくれないことも知っていて、

心を決めるのです。

くまのこ
くまのこ

せつないシーンでした。

 

今週の十兵衛さん

今週の十兵衛さん、本当の気持ちを言えないまま、

帰蝶と駒ちゃんとお別れしました。

本当はどっちのことが好きだったの?!十兵衛!答えてよ!

と言いたいところですが、どうやら帰蝶のことが好きだと。

駒ちゃんに言わされてしまいましたね。。

 

でも、どうだったんでしょうか。帰蝶の結婚の儀の夜、美濃から

月を見あげます。

手にしてるのは、お手玉。

くまのこ
くまのこ

本当は駒ちゃんのことが好きだった?

煮え切らないようです・・・。

麒麟がくる8話見どころ

それぞれの人の思惑が絡み合う回でしたね。

くまのこ
くまのこ

画像と一緒にふりかえってみましょう。

 

斎藤道三

帰蝶の説得が成功したことを報告されるシーン。


明智光安

光秀と一緒に帰蝶説得の成功を道三に報告します。

 

斎藤高政(義龍)

十兵衛さんを土岐頼芸の館へ連れていき、改心させようとするも失敗。

ちょっとビシッと言ってもらって家臣の士気も高めようとするも、

何だか頼りのない頼芸にやきもきしてママに泣きつく。


土岐頼芸

高政をあやつって道三を倒したい頼芸。

しかし、タカ狩り行きたいし、絵もかきたい。


深芳野

煮え切らない頼芸の態度に行き場がなく、泣きつく高政を、なぐさめます。

高政の本当の父を知っているのは深芳野だけ。

真実は伝えられるのでしょうか・・?


京に帰ることになり、駒ちゃんのお別れ会の夜のこと。

お牧さんから明智家の家紋の桔梗の扇子を受け取ります。

明智家の桔梗家紋の意味とは悲劇の家紋といわれるのはなぜ?
今回は、大河ドラマ「麒麟がくる」主人公明智光秀の家紋桔梗紋を記事をまとめました 家紋とは、何か?家紋の種類、などわかりやすく説明します。 明智家家紋がなぜ桔梗紋を使っていたのか、桔梗紋に関するエピソードをまとめてみました。

くまぞうの感想はこちら。

【麒麟がくる】大河ドラマ第8話「同盟のゆくえ」感想

 

麒麟がくるの人気記事はこちらです。

明智光秀と帰蝶(濃姫)の本当の関係は?織田信長とまさかの三角関係?
大河ドラマ麒麟がくるの明智光秀は織田信長の正室帰蝶といとこであったといわれています。また一方で二人は恋愛関係で織田信長と三角関係になったというドラマもありました。本当の関係はどうであったのか調べてみました!またドラマのオリジナルキャラクターの登場で光秀を巡るあらたな関係が描かれそうです。

麒麟がくる9話あらすじはこちらから。(ネタバレありです)

麒麟がくる9話あらすじネタバレ「信長の失敗」
麒麟がくる8話のあらすじネタバレアリです。信長と結婚をして美濃の那古屋城にやってきた帰蝶。 夫となった信長の不思議な行動に興味を持ち始めます。 帰蝶は信長の手ほどきを受け初めて鉄砲を打ち、次第に信長と打ち解けていくのです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました