麒麟がくる9話あらすじネタバレ「信長の失敗」

スポンサーリンク
大河ドラマ
スポンサーリンク

麒麟がくる9話あらすじです。

和議が行われ、わずか2か月たらずの1549年2月帰蝶は尾張に嫁いでいきます。

信長の居城である那古屋(なごや)城では、帰蝶が夫となる信長を待っています。

夜が明けて、夢うつつで目覚めた帰蝶の前に泥だらけの男が現れると・・・

 

くまのこ
くまのこ

ネタバレを含みますのでご注意ください。

一晩中帰ってこない夫信長を待ちながら寝入ってしまった帰蝶

目覚めると泥だらけの男が現れて、織田信長と名乗ります。

素早く起き上がって居住まいをただす帰蝶。

信長は悪びれることもなく、昨晩は村人が恐れている化け物がでるという

池に入り、人々が安心して仕事ができるよう一晩中化け物を探していたといいます。

帰蝶は村人と同じ心を持つ信長に興味を持ち始めます。

 

信長と帰蝶は結婚のあいさつのため、信秀に会いに末盛城へ向かいます。

信長から信秀へ結婚のあいさつの引き出物を渡します。

みるみる顔色が変わった信秀は土田御前と帰蝶に座を外させます。

 

信長を待っている間、帰蝶は縁側で竹千代と金魚を眺めていました。

信長の弟・信勝と将棋を指していた竹千代に、三河松平家の嫡男だが、

まだ子供のなのにどこか思慮深いまなざしを感じます。

 

竹千代は国を離れて母に会えないつらさを嘆き、つまらない将棋の

相手をさせられると言います。しかし、信長とうつ将棋は楽しいと

子どもらしい表情をみせます。

 

信長が戻ってくると、帰蝶に鉄砲を打ってみないかと声をかけます。

信長の手ほどきを受けながら引き金をひくと、ドンという大きな音がして

弾が的にかすります。

鉄砲の話から、十兵衛のことを話し、互いの父が嫌いだということで

2人は笑い合います。

 

くまのこ
くまのこ

次の麒麟がくるも楽しみですね!

麒麟がくるの1話からのあらすじ・感想をまとめました。

麒麟がくるあらすじと感想まとめ1話から最終話まで一覧
大河ドラマ麒麟がくるのあらすじ一覧です。1話から最終話までのネタバレを含みますので、知りたくない方は注意してください。随時追記していきます。麒麟がくるのタイトルに込められた意味を脚本を手掛けた池端さんがコメントします。

麒麟がくるの人気記事はこちらです。

明智光秀と帰蝶(濃姫)の本当の関係は?織田信長とまさかの三角関係?
大河ドラマ麒麟がくるの明智光秀は織田信長の正室帰蝶といとこであったといわれています。また一方で二人は恋愛関係で織田信長と三角関係になったというドラマもありました。本当の関係はどうであったのか調べてみました!またドラマのオリジナルキャラクターの登場で光秀を巡るあらたな関係が描かれそうです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました