麒麟がくる8話あらすじネタバレ「同盟のゆくえ」

スポンサーリンク
大河ドラマ
スポンサーリンク

麒麟がくる8話あらすじです。

美濃の国のために帰蝶に政略結婚をさせることを説得するよう迫られた

十兵衛は、帰蝶から「織田信長という人物を見てきてほしい」と

頼まれます。

尾張の国の熱田市場にやってきた十兵衛がそこでみたものは・・?

くまのこ
くまのこ

ネタバレを含みますのでご注意ください

 

スポンサーリンク

麒麟がくる8話あらすじネタバレあり

織田信長が一体どんな人物なのかを尾張の国に見に来た十兵衛は、熱田市場で

菊丸と再会します。

菊丸は、十兵衛に織田信長はお供を連れて毎日漁に出ていると言います。

信長は釣ってきた大きな魚を人々に安く売りさばいていきます。

その光景をみて、帰蝶に頼まれ終りまでやってきたが、奇妙な男としか

いいようのない十兵衛でした。

十兵衛は明智荘に戻ったものの、織田信長へ嫁ぎなさいとはとても言えませんでした。

答えを出せないままでいると、そこへ牧がやってきます。

そして人が死んでも山は畑は変わらずそこに在る。それを守っていくのが

生きているものの務め。大事なのはこの国なのです。と十兵衛を諭します。

帰蝶が館で十兵衛と話し、尾張に行くべきかどうか問いかけます。

十兵衛は、はっきりとお行きなされませと伝えます。

 

帰蝶が嫁入りを承諾したと聞き、道三は喜び、十兵衛の働きをほめたたえます。

一方の十兵衛は後味の悪さが残り、何ともない様子。

それを聞いた義龍は十兵衛に話があると迫ります。

義龍と稲葉一鉄ら側近たちは裏切者のをみる目で十兵衛をにらみます。

一緒に土岐頼芸の館に行くことになりました。そこで十兵衛は・・・。

 

くまのこ
くまのこ

麒麟がくるが楽しみですね

これまであらすじ・感想はこちらが一覧になっています。

麒麟がくるあらすじと感想まとめ1話から最終話まで一覧
大河ドラマ麒麟がくるのあらすじ一覧です。1話から最終話までのネタバレを含みますので、知りたくない方は注意してください。随時追記していきます。麒麟がくるのタイトルに込められた意味を脚本を手掛けた池端さんがコメントします。

麒麟がくるキャスト一覧のまとめはこちらから。

麒麟がくるキャスト一覧!出演者をわかりやすく説明
麒麟がくるのキャストを一覧でまとめました。大河ドラマといえば豪華なキャストで知られています。 長谷川博己さんをはじめ、多くの出演者のプロフィール記事のまとめました。 大河ドラマを見る参考にしてみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました