麒麟がくる15話感想まとめ「道三、わが父に非ず」

スポンサーリンク
大河ドラマ
DSC_0338
スポンサーリンク

麒麟がくるの15話の放送終了後の感想のまとめです。

第15話は「道三、わが父に非ず」でした。

家督を譲った道三ですが美濃の国では事件が起こり国はとうとう

分断してしまいます。

尾張の国も大事件がおこり、いよいよ戦乱の世に突入していくようです。

それでは、第15話の感想いってみましょう~。

くまのこ
くまのこ

ネタバレありなので注意してください。

スポンサーリンク

麒麟がくる15話の感想

15話の感想

15話は道三(本木雅弘)が剃髪をして出家をし、

家督を義龍(伊藤英明)に譲りました。

政治のすべてを義龍にまかせて引退をしたのですが、義龍の

弟・孫四郎(長谷川純)や喜平次は不満を募らせます。

そして帰蝶(川口春奈)も巻き込んで、義龍を守護代から

退かせようと考えます。

明智家とも相談をしますが、十兵衛(長谷川博己)さんたちも

賛同はせず、また道三もそのことを聞いて、孫四郎を

叱っておくといいます。

しかし結局、稲葉一鉄(村田雄浩)の進言もあり、義龍は孫四郎たちを

よび寄せて暗殺してしまいます。

 

これにより、道三は義龍を敵とみなし、いよいよ美濃は分裂します。

道三は義龍のことを信じて家督を譲ったのに、このような

結果になってしまって、いよいよ許せなかったのでしょう。

稲葉山城を出て、大桑城へ行き、完全に敵対することになります。

くまのこ
くまのこ

義龍が「道三はわが父に非ず」とタイトル回収しましたね。

美濃の国が心配です・・・・

 

そして、尾張の国でも大事件が起こります。

尾張の守護・斯波義総(しば・よしむね)が織田彦五郎の家臣に

暗殺されてしまいます。義総の息子の斯波義銀は織田信長(染谷将太

のもとへ逃げのびます。

そして、織田信秀の弟・織田信光(木下ほうか)は帰蝶の働きかけも

あり、織田彦五郎を討ち取ります。

これにより信長は清州城を手に入れて、尾張を制していきます。

くまぞう
くまぞう

信長がいよいよ頭角をあらわしてきたよ!

一方、駿河の国では、東庵先生(堺正章)と駒ちゃん(門脇麦)が

滞在しています。

菊丸さん(岡村隆史)が働く薬屋へ駒ちゃんが薬を買いに行くと、

藤吉郎(佐々木蔵之介)と出会います。

くまぞう
くまぞう

菊丸さん、子分ができてえらくなってたね!

藤吉郎は駿河から尾張に行って侍になって一旗揚げようと

してることを話して、駒ちゃんに

「一緒に尾張へ行こう!」といわれていましたね。

藤吉郎と駒ちゃんの、新しい展開があるのでしょうか~?

くまのこ
くまのこ

楽しみですね!

★駒ちゃんの買いに行った鴨子芹(かもこせり)とは三つ葉のこと。

消炎作用があるので、薬用としても使われていたそうです。

 

今週の十兵衛さん

今週の十兵衛さん、斎藤家のおつかいやら癒し係として活躍して

きましたが、その甲斐むなしく、いよいよ国を巻き込んだ大ゲンカに

なりそうです。

義龍は「十兵衛、そなたはわしの味方じゃな?」と念を押したうえで、

尾張に行って帰蝶に文句言ってこい。と命じます。でも

くまぞう
くまぞう

おつかい行かなかったね。

そして、道三のところへ出向き、美濃の行く末の道筋をつけないから

みんなが混乱してるじゃないですか。と苦言を言いに行くのです。

明智城の城主になる日も近いのではないでしょうか。

スポンサーリンク

麒麟がくる15話の見どころ

尾張の国の頭脳・帰蝶さま

尾張の国で斯波義総が織田彦五郎の家臣に討たれ、彦五郎と信長の

対立が激しくなってきます。

彦五郎に碁を打ちに来るよう誘われる織田信光と帰蝶の会話のシーン。

信光が信長に裏切ったと思われないか心配して相談すると、

 

打ちにいけばよろしいのではないかと。碁を」

さらに、

「お打ちになれば、よろず片が付くというもの。」

そして、

「碁が終わったと知らせがあれば、時を移さず殿(信長)も

参られましょうぞ。」

 

そのようにたきつけて、お団子をほおばる軍師・帰蝶さま。

くまのこ
くまのこ

打ちに行くのは、討ちにいくのよね・・・。

信長だけでなく、叔父上・信光をも手の平で操る帰蝶さまなのでした。

 

信光演じる木下ほうかさんについてはこちら!

木下ほうか(麒麟がくる大河ドラマ織田信光)のプロフィールと経歴
今回は、織田信秀の弟・信光と信光を演じる木下ほうかさんについて書きました。 信光は結果信長につかえて叔父であったのに、信長の兵に殺されたと言われています。 信光を演じる木下ほうかさんの出演作品などもまとめました。

 

モッくん道三名言。長良川の戦いの伏線かも?

出家して道三は政治の一線からは退きます。

十兵衛さんが家督を譲る前に国の道筋を整えていかなかった

道三を責める発言をすると、

「道筋などあるのか?」と逆に問いただします。

 

そして、自分が正しいことばかりをしてきたとは思わない。

義龍が力があるのであれば、自分で道筋をつけるであろう。

自分はいずれ消えてなくなる。

そして十兵衛さんには、義龍をうまくやるように言います。

そして孫四郎にはきつく叱っておくとも。

くまぞう
くまぞう

出家して、人の話を先に聞いてくれるようになったね!

消えてなくなるなんて、義龍と戦うことなったあの長良川の

戦いの伏線なのかもしれません。

長良川の戦いとは?斎藤道三・義龍親子最大の戦い明智光秀はどちらについた?
今回は、麒麟がくる大河ドラマ第17話で出てくる戦い長良川の戦いについて記事をまとめました。 内容は道三は、1556年に義龍軍と戦います。 道三と義龍が戦う前どんな状況だったのか? 尾張の織田信長は、援軍に駆け付けましたが道三は討ち取られていました。 十兵衛と光安は、その後義龍に攻められます。 光安は、亡くなり十兵衛は熙子や左馬之助とともに越前へ逃げます。

 

でもなぜ家督をゆずろうとしたのかについては、

 

「そんな大切なこと、ただでは話せぬ。」

 

くまのこ
くまのこ

あのケチだった道三らしいセリフですね!

道三は家督を譲って引退しているし、すべてを義龍に任せると家臣を集めて

言っています。孫四郎を叱っておくとも。

それなのに、義龍は孫四郎と喜平次を暗殺してしまうのです。

これがきっかけで、ぶちギレてしまう道三。争いは避けられそうもないようです。

 

孫四郎役は長谷川純さんが演じています。

長谷川純(麒麟がくる大河ドラマ斎藤孫四郎役)のプロフィールと経歴
麒麟がくる大河ドラマに長谷川純さんが出演します。斎藤道三の次男・孫四郎役で15話に登場します。 ジャニーズ事務所に所属している若手俳優です。渡る世間は鬼ばかりなど有名作品に出演しています。

 

今週のくまぞうのあらすじはこちら。

【麒麟がくる】大河ドラマ第15話「道三、わが父に非ず」小学生が語るあらすじ

 

次週が待てない!続きが知りたい!16話あらすじはこちらから。

麒麟がくる大河ドラマ第16話あらすじネタバレ「大きな国」
今回は、麒麟がくる大河ドラマ第16話のあらすじネタバレを記事にまとめました。 16話の内容は、高政が弟の喜平治や孫四郎を殺してそれを聞いた道三と高政が戦うことになりました。 十兵衛は、また終わりに行きます。

麒麟がくるのドラマを楽しむための年表を作りました!

麒麟がくる年表でわかる!明智光秀の生きた戦国時代のまとめ
今回は大河ドラマ麒麟がくるのあらすじを紹介しながら光秀の生きた戦国時代を分かりやすく紹介します。 ナレーションの海老蔵さんが説明していることで、なぜ起こったのか気になりませんか? 今回は、主に明智光秀が戦った争いを中心に麒麟がくるのドラマの年表を分かりやすくまとめました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました