麒麟がくる13話感想まとめ「帰蝶のはかりごと」

スポンサーリンク
大河ドラマ
DSC_0338
スポンサーリンク

麒麟がくるの13話の放送終了後の感想のまとめです。

第13話は「帰蝶のはかりごと」でした。

 

それでは、第13話の感想いってみましょう~。

くまのこ
くまのこ

ネタバレありなので注意してください。

スポンサーリンク

麒麟がくる13話の感想

13話の感想

今回は、斎藤親子の大ゲンカ対決!の回でした。

モッくん道三、息子と娘にケンカを売られて大変でした。

十兵衛さんは美濃の分裂を防ぐため、土岐頼芸と争わないように道三を説得します。

しかし、道三ははじめから戦う意思はありませんでした。

尾張の織田信秀が亡くなった今、何が起こるかわからない情勢に

美濃の国としては一つにまとまって備えなければならないと考えての道三の

行動だったのです。

最近は道三がただの暴君ではなく、国のことを考えてそのためには

悪者になるのもいとわないという人物です。

くまのこ
くまのこ

だんだんと道三、いい人の面がでてきたね。

それに対して、ダークサイドに落ちていく義龍。

頼芸にも愛想をつかされてしまいます。

もともとコミュニケーションゼロの斎藤イケメン親子。

いよいよ仲の悪さが露呈してきました。

そしてこの先待っている十兵衛さんの運命を変える長良川の戦いへと

続いていくのですね。

 

尾張の国を離れた駒ちゃんと東庵先生は、駿河の国に向かいます。

帰蝶から十兵衛さんが結婚したことを知り、美濃に立ち寄ることを

やめた駒ちゃん。

くまのこ
くまのこ

新しい出会いがあるといいね!

 

今週の十兵衛さん

今週の十兵衛さんは、道三が土岐頼芸と戦をすると言い出します。

元々その気はない道三に、必死で美濃の国のためにはならない、何のために

戦をするのですか?!と問いたてます。

そして、道三にお前はわしのことが、好きか?と聞かれると思わず、

 

「きらいでございます!」と。

 

正直者すぎる・・・。

こんなことを主君に言って、殺されちゃわないかな・・?と

思いましたね。

 

信長に手紙を出し、会見を開くことになった道三は、顔を知っている

十兵衛に一緒に行くよう命じます。

またしても、おつかい・・というか一緒に行くなんて・・・

「えっ!また?」という顔になる十兵衛さん。

 

くまぞう
くまぞう

最近の十兵衛さんは、感情がかなり表にでちゃってるね。

スポンサーリンク

13話の見どころ

麒麟がくるの見どころ・斎藤イケメン親子の大ゲンカ勃発!

道三義龍の親子で言い争うシーン。

土岐頼芸が近江の六角氏の元へ逃げていき、忠誠をちかった義龍は

置いてけぼり状態になってしまいます。

義龍はやっきになって道三にくってかかり、思わず

道三に向かって「おまえ!」と言ってしまいます。

それを聞いた道三は、

「ことばは刃物ぞ。」と静かに返します。

 

真の父を失った!と嘆く義龍に、

そなたの父はわしじゃ。油売りから身を起こした、成り上がり者の子で、

まむしと陰口をたたかれる下賤の子じゃ。

とあざ笑うようにいいます。

イケメンの2人の言い争うシーン。まるで本物の親子のようでした。

麒麟がくる伊藤英明演じる悩める義龍!道三は本当に父親なのか
斎藤義龍は、本当に斎藤道三の子供なのか?ということに義龍本人は疑問を持っています。 道三は義龍の努力を認めず、冷たい親子関係・・土岐頼芸はそれを知ってか、惑わせるような ことを義龍にささやきます。土岐頼芸と斎藤親子はどういう関係なのかまとめてみました。

 

これが、3年後、親子の一大戦争に。

長良川の戦いとは?斎藤道三・義龍親子最大の戦い明智光秀はどちらについた?
今回は、麒麟がくる大河ドラマ第17話で出てくる戦い長良川の戦いについて記事をまとめました。 内容は道三は、1556年に義龍軍と戦います。 道三と義龍が戦う前どんな状況だったのか? 尾張の織田信長は、援軍に駆け付けましたが道三は討ち取られていました。 十兵衛と光安は、その後義龍に攻められます。 光安は、亡くなり十兵衛は熙子や左馬之助とともに越前へ逃げます。

 

息子・義龍の暴走は、おかあさんの深芳野にも止められなくなってきました。

せっかくそろそろ家督をゆずろうか・・・ということになっていたのに。

 

くまぞう
くまぞう

でも深芳野が一番残念そうな顔をしてたね。

 

娘・帰蝶も道三にケンカを売ることに。

 

帰蝶道三が信長に会いたいと手紙をよこしたと信長に伝えます。

会見をするつもりのない信長に、断れば同盟は破棄され、自分は美濃に

帰らなくてはならなくなると言います。

そこで帰蝶は、自ら動き、道三との会見の準備のために伊呂波太夫に会いに行きます。

全国の有力者にコネがあるという伊呂波太夫に会い、兵を集めてほしいと頼みます。

(お金が)高くつきます。という太夫に、

かまわない、という帰蝶。お金の入っているであろう袋を取り出していきます。

 

くまのこ
くまのこ

このやりとり、川口春奈さんの強い女性の表情がよかったです。

 

自ら動くなんてさすがマムシの娘、行動力のある帰蝶です。

すねたりむくれたりする信長のために尽くしています。

くまのこ
くまのこ

女性はいつの時代も強いのかもしれません。

麒麟がくる川口春奈の帰蝶はバツイチ!信長との結婚の経緯は?
麒麟がくるの帰蝶役・川口春奈さんの演技が評判になっています。 川口さんの帰蝶の演技が時代劇初挑戦とは思えないほど、 堂々としていましたね。 今回は帰蝶はバツイチだった!信長との結婚の経緯を詳しく説明します。 川口春奈...

 

くまぞうのあらすじ

【麒麟がくる】大河ドラマ第13話「帰蝶のはかりごと」小学生が語るあらすじ

麒麟がくるの人気記事はこちらです。

明智光秀と帰蝶(濃姫)の本当の関係は?織田信長とまさかの三角関係?
大河ドラマ麒麟がくるの明智光秀は織田信長の正室帰蝶といとこであったといわれています。また一方で二人は恋愛関係で織田信長と三角関係になったというドラマもありました。本当の関係はどうであったのか調べてみました!またドラマのオリジナルキャラクターの登場で光秀を巡るあらたな関係が描かれそうです。

次週が待てない!続きが知りたい!14話あらすじはこちらから。

麒麟がくる第14話あらすじネタバレ「聖徳寺の会見」
今回は、麒麟がくる大河ドラマ第14話あらすじを記事にまとめました。 内容は、道三と十兵衛・信長が会見して信長の様子を見ていた道三と十兵衛でした。 そして、かいけんが終わったころ今川軍が尾張に攻めてきていて道三が援軍を出し十兵衛や光安・信長が勝った話でした。

前回の12話の視聴率が発表はこちら

麒麟がくる視聴率12話は14.6%!美濃の国の分裂と尾張の織田信秀の死
麒麟がくる12話の視聴率が発表されました。 今回のお話のあらすじをまとめてみました。 十兵衛さんは幼馴染の熙子と結婚します。美濃の国はだんだんとばらばらになっていくようです。 尾張の国では織田信長の父・信秀が亡くなります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました