麒麟がくる大河ドラマ28話「新しき幕府」感想まとめ

スポンサーリンク
大河ドラマ
スポンサーリンク

麒麟がくるの大河ドラマ28話の感想をまとめました。

あらすじについては、こちらにまとめてあります。

 

今週は、京に上洛した織田信長と足利義昭は新しい幕府を作るため

スタートを切ります。ところが、突然襲撃される事件もおこり・・・

28話の感想とまとめをいってみましょう~!

スポンサーリンク

麒麟がくる28話感想まとめ

とうとう上洛を果たした信長。しかし、美濃へ帰ったとたん・・・

1568年9月信長(染谷将太)は義昭(滝藤賢一)を奉じて京へ上洛しました。

同じころ、第14代足利義栄(一ノ瀬颯)が病でなくなります。

ちょっとだけしか将軍でいられず、なくなってしまったイケメン将軍。

これで三好軍も勢力がさらになくなっていくのですね。

そして義昭が将軍に任命されたのを見届けて、とっとと美濃へ帰ってしまいます。

その3か月後、再び三好軍が勢力を拡大し、義昭を狙って本圀寺に攻め入ります。

これが本圀寺の変といわれます。

本圀寺の変とは?織田信長が自ら戦い守ろうとしたのは誰?
今回は足利義昭・織田信長と三好三人衆の戦いを解説します。 足利義昭は室町幕府最後の将軍と言われ、信長に助けてもらったにも足利家は滅ばされしまいます。 三好三人衆も義明のように信長に負け岩成友通が討ち死にして、他の武将たちは信長から逃げようとするも病没しています。

 

信長がいないから、十兵衛さん将軍・義昭をお守りするため、

必死で戦います。

くまのこ
くまのこ

十兵衛さん、とってもかっこよくなってる!!

戦いが終わって、駒ちゃんと会った時も、もう前の十兵衛さんじゃない、

かっこよさがありましたね!

ところで、駒ちゃんの丸薬、どんどん量産体制になっていた~。

 

明智光安は生きのびて、駿河で丸薬を作る老人になっていた?
麒麟がくる20話「家康への文」の放送がありましたね。 いよいよ尾張と駿河の国の緊張感が高まってきて、 桶狭間での対決の直前でした。 駿河の国にいる駒ちゃんが、戦場に行く元康(徳川家康)のために 渡した万能薬を作った人...

 

麒麟がくる1番の悪役登場!!

 

将軍・義昭は兄の第13代将軍・義輝の時代から足利幕府に仕えていた

摂津晴門(片岡鶴太郎)を幕府の政所につけ、幕府の早い立て直しをはかるようにします。

これが今後、十兵衛さんを苦しめる存在になっていくよう・・・

 

お・だ・のぶなが~!!

と、悪役のよくはくセリフ。

これからどんな展開になっていくのでしょうね・・

 

織田勢の家臣たちもイケメン集団!

新しい幕府を作るため、京に入った信長は幕府勢とともに軍議をひらきます。

その中には、あの松永久秀(吉田鋼太郎)をどうするかでもめています。

久秀は、信長の才能をいち早く見抜き、信長軍について、三好勢と戦いましたが、

もともとは三好長慶に仕えていたのです。

そして、久秀の息子は三好三人衆と呼ばれる人物。

この軍議で久秀を処分するかどうか、なかなか決まりませんでした。

しかし、久秀はそのことをわかっていたのか、信長にいち早く付け届けを

渡します。これが九十九茄子の茶器。

 

これ、めっちゃ高いそうです。

くまぞう
くまぞう

それで許してもらえたのかも・・・

って思っちゃいますね。

 

そして、その軍議でのこと。織田軍の筆頭家老・柴田勝家(安藤政信)の

イケメンっぷりが光ってました~。

麒麟がくるではイケメンだらけですが、その中でも静かにイケメンとして登場している

柴田勝家。今後の活躍が楽しみです。。

 

 

今週の十兵衛さん

軍議では末席で久秀の処遇を静かに見守っていた十兵衛さん。

摂津晴門らの以前からいる幕臣たちの不正をみつけたり、

幕臣として、歴史の表舞台で活躍し始めます。

後半は、信長の命により二条城の建設現場に行かされ、現場で木材を運びます。

くまのこ
くまのこ

信長はわがままノッブの片りんを見せ始めているような・・・

そこでたくさんの石材を運ばれている中で、石仏が運ばれてくるのを見つけます。

それをみた十兵衛さん。

こんなものまで・・?といった表情。

 

そう、ノッブが2か月で城を建てろといったから、それで石や木材ならどんなものでも

運ばれて資材にして建設を急いでいたのでした。

それをみた信長。

幼い頃、遊んでいて仏壇を落とし、罰が当たると言われたが、どんなに待っても

罰というものは来ない。

だから何をしてもいいのだ~と言わんばかりの表情。

 

これが、この先の信長の起こした比叡山、石山本願寺などの

焼き討ちをしたことの伏線かな・・・。

比叡山延暦寺焼き討ちとは麒麟がくる明智光秀のおかげで死者が減った?
今回は明智光秀を大将として戦った、比叡山延暦寺焼き討ちを紹介します。 織田信長が「悪」と言われるわけにもなった、比叡山焼き討ちは金儲けをしている僧と織田信長が戦った戦いです。 織田信長は「悪」と言われ、この僧たちも「悪」と言われる存在で、「悪」と「悪」の戦いです。

 

スポンサーリンク

今週のくまぞうのあらすじはこちら。

 

麒麟がくる大河ドラマ28話「新しい幕府」のあらすじ説明

来週も麒麟がくるが楽しみですね!

麒麟がくるの初回から最終話までのあらすじはこちらから。

麒麟がくるあらすじと感想まとめ1話から最終話まで一覧
大河ドラマ麒麟がくるのあらすじ一覧です。1話から最終話までのネタバレを含みますので、知りたくない方は注意してください。随時追記していきます。麒麟がくるのタイトルに込められた意味を脚本を手掛けた池端さんがコメントします。

麒麟がくるを年表にまとめました!

麒麟がくる年表でわかる!明智光秀の生きた戦国時代のまとめ
今回は大河ドラマ麒麟がくるのあらすじを紹介しながら光秀の生きた戦国時代を分かりやすく紹介します。 ナレーションの海老蔵さんが説明していることで、なぜ起こったのか気になりませんか? 今回は、主に明智光秀が戦った争いを中心に麒麟がくるのドラマの年表を分かりやすくまとめました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました