麒麟がくる第14話あらすじネタバレ「聖徳寺の会見」

スポンサーリンク
大河ドラマ
スポンサーリンク

2020年大河ドラマ麒麟がくる第13話は、土岐頼芸道三によって近江の国に逃げ

信長と道三・十兵衛が対面することになった話でした。

14話がどのように描かれていくのでしょうか?

今回は、麒麟がくる大河ドラマ14話あらすじを記事にまとめました。

くまのこ
くまのこ

ネタバレを含みますのでご注意ください。

スポンサーリンク

麒麟がくる第14話あらすじネタバレ

信長と道三は、聖徳寺にて会見が行われることになりました。

道三は、信長がどんな男なのかを知っている十兵衛を供に連れていくことにします。

さらに、信長が来なかったので十兵衛と道三は先に信長や兵の様子を見ることにします。

二人は、裏口から織田軍を見ると度肝を抜かれました。

兵たちは、大量の鉄砲を持っていて兵の中には信長がいました。

信長のかっこうは、茶筅髷に温帷子を袖脱きにして腰にはひょうたんをまいていました。

その姿を見た道三は、狐に囲まれた顔をして先に寺へ戻るぞと言い、

十兵衛と聖徳寺に戻ります。

 

ですが、さっきまでいた信長が寺にはきませんでした。

ついにしびれを切らした道三は立ち上がろうとしますが、

薄暗い廊下から信長がやってきました。

 

信長は、単身広間に入ってくると待たせてすまぬといいます。

そして、「この着慣れぬ装束や鉄砲は、道三に怒られぬよう全部帰蝶が仕込んだ」と言います。

道三は、最初に見た信長を思い出し「見事な戯けじゃ」と周りにいるものに言います。

十兵衛は、信長や道三の話を聞いてほっとしました。

 

この年、今川義元は織田軍が守る緒川城を落とすため、木村砦を立て信長に戦を仕掛けます。

信長は、緒川城が攻められていることを急いで聞き、斎藤道三に援軍要請をの使者を送ります。

道三は、援軍要請を受け入れて光安と十兵衛に尾張の国に行くことを命じます。

 

十兵衛は、信長が戦っている木村砦の近くに陣を置きました。

信長軍の一斉射撃によって今川軍は、撤退しました。

1~13話のあらすじはこちら

麒麟がくるあらすじと感想まとめ1話から最終話まで一覧
大河ドラマ麒麟がくるのあらすじ一覧です。1話から最終話までのネタバレを含みますので、知りたくない方は注意してください。随時追記していきます。麒麟がくるのタイトルに込められた意味を脚本を手掛けた池端さんがコメントします。

麒麟がくるキャスト一覧のまとめはこちらから。

麒麟がくるキャスト一覧!出演者をわかりやすく説明
麒麟がくるのキャストを一覧でまとめました。大河ドラマといえば豪華なキャストで知られています。 長谷川博己さんをはじめ、多くの出演者のプロフィール記事のまとめました。 大河ドラマを見る参考にしてみてください。

もう一度じっくりと見直したい方はこちらへどうぞ。

麒麟がくるの見逃し配信はU-NEXTが便利!おトクに見るための注意点
麒麟がくるの見逃し配信におすすめの視聴方法のU-NEXTについてまとめました。見逃し配信はNHKの放送時間に見られないときや、じっくりと見たい時などとても便利ですね。U-NEXTなら麒麟がくる以外の民放の番組も見ることができるので、視聴方法をまとめてみました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました