麒麟がくる15話視聴率は14.9%!15話のあらすじと振り返り

スポンサーリンク
大河ドラマ
スポンサーリンク

麒麟がくるの第15話視聴率が発表されました。

視聴率は14.9%でしたね。

今回は15話の視聴率を知りたかった方へ、あらすじと振り返りも一緒に

まとめました。

ますます楽しくなってきた大河ドラマ麒麟がくるを楽しみましょう~

スポンサーリンク

麒麟がくる15話あらすじ

斎藤道三(本木雅弘)は仏門に入り、息子の斎藤義龍(伊藤英明)に

家督を譲ります。道三は家臣を集めて「国のまつりごとすべてを高政(義龍)に

ゆだねる。高政の声をわしの声と思って従うように。」と宣言します。

2か月後、明智荘に道三の次男の孫四郎(長谷川純)が現れます。

義龍が家督を継いだことを不満に思い、退いてもらうための先陣を

明智家に切ってもらいたいとやってきます。

光安(西村まさ彦)と十兵衛(長谷川博己)は間髪入れずその申し出を

断ります。

十兵衛は道三の決めたことはよほどの覚悟があったと推察される、

それをわずか二か月くらいで判断はできませんと言い突っぱねます。

味方になってくれると思っていた孫四郎は、不満そうに帰っていきます。

 

十兵衛は稲葉山城で政務を行う義龍(伊藤英明)に呼ばれます。

そして、先日孫四郎が明智荘を訪れたことを知っていて、十兵衛に

尾張に行って、孫四郎をそそのかさないように帰蝶(川口春奈)に

行ってほしいと命じます。

 

十兵衛は道三の元を訪れ、尾張の帰蝶の元へ行っても門前払いになるだけ

だと訴えます。

また道筋を作らず家督を譲られたせいで、皆が迷っていると苦言を言います。

しかし道三は、道筋は義龍の判断にゆだねるといい、十兵衛を突っぱねます。

じぶんが常に正しい道を歩いてきたとは思わない、義龍に力があれば自分で

道筋を作っていくだろう。孫四郎も帰蝶も同じ。

信長が彦五郎に負けるのであれば、帰蝶にはもどってこいと伝えてあると

言います。

しかし、信長があっさりと負けるとは思えないとにやりと笑います。

そして十兵衛には義龍とうまくやれといいます。そして孫四郎にはきつく

言っておくともいうのでした。

 

尾張の国では大事件がおきます。 守護の斯波義統(しばよしむね・梅垣義明)が

織田彦五郎の家臣に暗殺されます。

難を逃れた息子の斯波義銀(松田周)は、那古野城の織田信長を頼って逃げ落ちます。

義銀は父を討った彦五郎が憎いと訴え、信長は彦五郎を討って清州城を手に入れる

大義名分を手に入れます。

 

彦五郎に碁を誘われている信長の叔父・織田信光(木下ほうか)は帰蝶に

行くべきか悩んでいると言います。

信長に彦五郎側に寝返ったと疑われないかと心配する信光に帰蝶は、

「お行きなさればよろしいかと。打てばすべてがうまくいく。」と

彦五郎の暗殺をほのめかすのです。

 

信光は碁の席で彦五郎のふいをつき暗殺します。

そして清須城はあっけなく、信長の手に落ちたのです。

 

駿府では清須城が信長の手に落ちたことを知り、太原雪斎(伊吹吾郎)は

あせります。

雪斎の治療にあたっている望月東庵は薬草が切れていることに築き、駒(門脇麦

に買いに行かせます。門の前で本を読んでいた藤吉郎(佐々木蔵之介)が

薬屋までついてくると、薬屋に勤めている菊丸(岡村隆史)に追い払われそうに

なります。菊丸に鴨子芹を頼んだ駒に藤吉郎は2日でよいから字を教えてほしいと

頼みこむのです。

 

その頃稲葉山城では、稲葉一鉄(村田雄浩)が義龍に信長ことで道三が

わが子のように喜んでいて、孫四郎が帰蝶に祝いの品として馬を2頭送った

ことを伝えます。そして、孫四郎が尾張の協力を得て稲葉山城をうばおうとする

かもしれないので気を付けたほうがいいと進言します。

義龍は道三が孫四郎を連れて楽しそうにタカ狩りに出かけるところを

城から見下ろし、孫四郎に手をかけることを決意します。

 

 

義龍は病に伏せっていると嘘をつき、孫四郎と弟・喜平次を城へ

呼び寄せます。そして家臣の日根野備中守に2人を暗殺させるのです。

 

道三は2人の息子の変わり果てた姿に嘆き、義龍が行ったと

察します。国を渡した恩を仇で返した息子を敵とみなし、

稲葉山城を出て、大桑城へ向かいます。

 

義龍は家臣を集めて、

「わしが討ったのは弟ではなく道三の息子だ。道三はわが父に非ず。

これからは美濃はゆるぎない国を目指す。」と宣言します。

長良川の戦いとは?斎藤道三・義龍親子最大の戦い明智光秀はどちらについた?
今回は、麒麟がくる大河ドラマ第17話で出てくる戦い長良川の戦いについて記事をまとめました。 内容は道三は、1556年に義龍軍と戦います。 道三と義龍が戦う前どんな状況だったのか? 尾張の織田信長は、援軍に駆け付けましたが道三は討ち取られていました。 十兵衛と光安は、その後義龍に攻められます。 光安は、亡くなり十兵衛は熙子や左馬之助とともに越前へ逃げます。

 

スポンサーリンク

15話ふりかえり・評判

15話の振り返りや評判をSNSでまとめてみました。

 

 

 

 

 

次週が待てない!続きが知りたい!16話あらすじはこちらから。

麒麟がくる大河ドラマ第16話あらすじネタバレ「大きな国」
今回は、麒麟がくる大河ドラマ第16話のあらすじネタバレを記事にまとめました。 16話の内容は、高政が弟の喜平治や孫四郎を殺してそれを聞いた道三と高政が戦うことになりました。 十兵衛は、また終わりに行きます。

麒麟がくるのドラマを楽しむための年表を作りました!

麒麟がくる年表でわかる!明智光秀の生きた戦国時代のまとめ
今回は大河ドラマ麒麟がくるのあらすじを紹介しながら光秀の生きた戦国時代を分かりやすく紹介します。 ナレーションの海老蔵さんが説明していることで、なぜ起こったのか気になりませんか? 今回は、主に明智光秀が戦った争いを中心に麒麟がくるのドラマの年表を分かりやすくまとめました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました