麒麟がくる7話感想・評判まとめ「帰蝶のねがい」

スポンサーリンク
大河ドラマ
スポンサーリンク

麒麟がくるの7話の放送終了後の感想と評判のまとめです。

第7話は「帰蝶のねがい」でした。

美濃に帰った十兵衛さん。今回はあの道三と思いっきり対決しましたね!

道三の態度の変化にも注目です!

第7回の感想をまとめてみました。

くまのこ
くまのこ

ネタバレありなので注意してください。

スポンサーリンク

麒麟がくる7話の感想

7話の感想

今週は、モッくん道三がたっぷり登場しました!

これまで、恫喝、毒殺と悪の限りをつくしていた道三でしたが

今回は、1人の父親という表情と、美濃の国を思う気持ちが描かれましたね。

十兵衛さんの能力を認めて2人で話すシーンは、今までとは違った道三の印象でした。

前回、十兵衛さんへの想いを秘めて一夜を過ごしたちゃんは、

十兵衛さんの母・牧に優しく諭されて身分違いの恋をさとったようです。

せつない気持ちが伝わってきて、駒ちゃんかわいかったですね。

 


 

いよいよ最後に姿を現した織田信長

染谷将太さん演じることで、織田信長の新しいイメージが作られそうで

期待が寄せられています。

 

くまぞう
くまぞう

どんな信長なのか、楽しみだね。

 

今週の十兵衛さん

7話の十兵衛さん、みんなから頼まれまくりの回でした。

光安から十兵衛さんに、帰蝶を説得してほしいというシーン。

 

はぁ!?

きっといつも面倒なことは全部回ってくる十兵衛さん。

またかよ・・・でしょうね。

 

それから十兵衛は道三にも帰蝶を説得してくれ、と。

道三の真意は聞いたものの、どうやって言ったらいいのか、と困ります。

そんなこと言われても・・・。

 

それから斎藤義龍から。

よくやった~!とほめられつつ、じゃあ帰蝶は絶対に道三の元へ帰すなよ、

よろしくなっ!とさわやかに頼まれます。

いやあ、今回は和議っておいた方が・・・💦

 

そして、このファミリーの一番の押しの強い帰蝶から。

尾張の国に行って、信長って人見てきてちょうだい!

 

また押し切られた・・・今度は尾張ね・・・

 

頼まれてばっかり、の十兵衛さんでした。

ストレスためちゃう十兵衛さんなのでした・・・。

 

麒麟がくる7話見どころ

みどころは、道三と十兵衛さんのシーン。

人を説き伏せるには、まず自らが正しいということが大事ぞ。という

道三から和議についてどう思うか聞かれます。

尾張に嫁ぐ、という意味は人質という意味もあることを踏まえると

そこまでして和議をしなくてはならないことに納得できない十兵衛さん。

道三に帰蝶を説得するよう言われても

「できませぬっ!」

ときっぱり。

 

じゃあ帰れ!と恫喝する道三と十兵衛さん、白熱した二人のシーン、しかしその後一転。

十兵衛さんを呼び戻して和議の真意を伝えます。

これまでは、無茶ぶりな道三から意外なセリフが。

わしのすることは戦をすることではない。国を豊かにすることじゃ。

 

娘を思う気持ちとさらにそれを超えた美濃の国を思う気持ちが

あふれんばかりに表情にあらわれて、モッくん道三株、爆上げになりそうです。

美濃のマムシの意外な一面でした。じゃじゃ馬娘を持つ、やさしいパパの表情。

ますます、これからも道三ファンが増えそうですね。

くまぞうの感想はこちら。

【麒麟がくる】大河ドラマ第7話「帰蝶の願い」の感想

 

十兵衛さんと帰蝶の関係は?織田信長と本当に結婚することになるの?

明智光秀と帰蝶(濃姫)の本当の関係は?織田信長とまさかの三角関係?
大河ドラマ麒麟がくるの明智光秀は織田信長の正室帰蝶といとこであったといわれています。また一方で二人は恋愛関係で織田信長と三角関係になったというドラマもありました。本当の関係はどうであったのか調べてみました!またドラマのオリジナルキャラクターの登場で光秀を巡るあらたな関係が描かれそうです。

麒麟がくるの1話からのあらすじ・感想をまとめました。

麒麟がくるあらすじと感想まとめ1話から最終話まで一覧
大河ドラマ麒麟がくるのあらすじ一覧です。1話から最終話までのネタバレを含みますので、知りたくない方は注意してください。随時追記していきます。麒麟がくるのタイトルに込められた意味を脚本を手掛けた池端さんがコメントします。

 

麒麟がくる8話あらすじはこちらから。(ネタバレありです)

麒麟がくる8話あらすじネタバレ「同盟のゆくえ」
麒麟がくる8話のあらすじ・ネタバレありです。 帰蝶の政略結婚について、織田信長がどんな人物なのか尾張の国に潜入する十兵衛。熱田市場で偶然菊丸と出会い、 織田信長を探すヒントをもらいます。そこで海から帰ってくる信長を初めて見かける十兵衛は・・・

コメント

タイトルとURLをコピーしました