麒麟がくる20話感想まとめ「家康への文」

スポンサーリンク
大河ドラマ
スポンサーリンク

麒麟がくるの20話の放送終了後の感想のまとめです。

第20話は「家康への文」でした。

これまでのお話についての一覧はこちらからどうぞ。

麒麟がくるあらすじと感想まとめ1話から最終話まで一覧
大河ドラマ麒麟がくるのあらすじ一覧です。1話から最終話までのネタバレを含みますので、知りたくない方は注意してください。随時追記していきます。麒麟がくるのタイトルに込められた意味を脚本を手掛けた池端さんがコメントします。

 

それでは、第20話の感想いってみましょう~。

くまのこ
くまのこ

ネタバレありなので注意してください。

スポンサーリンク

麒麟がくる20話の感想

20話の感想

十兵衛さん(長谷川博己)にも子供が生まれ、明るいニュースがありましたが、

尾張の情勢を気にして十兵衛さんは気が気でないようでした。

 

尾張の国のことを聞いて、自分が越前でくすぶっていると感じています。

くまぞう
くまぞう

真面目な十兵衛さんらしいね!

帰蝶(川口春奈)に手紙を書いて、駿河の今川義元(片岡愛之助)が攻め込んでくる

ことにどのような策を取るか知らせることで、25000もの大軍を3000で迎えなくてはならない

尾張の国を助けることになるでしょう。

十兵衛さんと帰蝶はいとこの関係な上、尾張の国・織田信長の一大事。

目を離すなと斎藤道三に言われたこともあって十兵衛さんは

尾張のために居てもたってもいられなかったのでしょうね。

 

明智光秀と帰蝶(濃姫)の本当の関係は?織田信長とまさかの三角関係?
大河ドラマ麒麟がくるの明智光秀は織田信長の正室帰蝶といとこであったといわれています。また一方で二人は恋愛関係で織田信長と三角関係になったというドラマもありました。本当の関係はどうであったのか調べてみました!またドラマのオリジナルキャラクターの登場で光秀を巡るあらたな関係が描かれそうです。
くまのこ
くまのこ

ハラハラしたね。十兵衛さんまたも大活躍!

 

桶狭間の戦いについてはこちらにまとめて記事にしました。

桶狭間の戦い(織田信長vs今川義元)信長の奇襲はほんとうだったの?
今回は、麒麟がくる主人公明智光秀の主君である織田信長の若き日の戦い桶狭間の戦いを記事にしました。 桶狭間の戦いは今川家と織田家の戦いですが、信長の父の織田信秀の頃から敵対していた義元を信長が討ち取るのです。 麒麟がくるでは桶狭間の戦いがどのように描かれるのか楽しみです。

 

今川義元(片岡愛之助)は、東庵先生(堺正章)を呼び出し、

松平元康(風間俊介)の真意を聞き出そうとします。

 

今川義元はクールで冷徹なイメージに感じますが、

くまのこ
くまのこ

しかし、今川義元かっこいいい!

 

 

今週の十兵衛さん

尾張のことを気にかけながら越前で暮らす十兵衛さん。

帰蝶に手紙で策を知らせるなんてさすが!です。

今川義元に一番近い三河の武士は誰なのか?それがわかったのは、

若い頃、いろんなところへおつかいに行かされていたからでもあるじゃないでしょうか?

若い頃の苦労は買ってでもしろっていいますもんね。

くまのこ
くまのこ

苦労が実ってよかったね、十兵衛さん。

朝倉義景(ユースケ・サンタマリア)の家臣に鉄砲の腕を認められ、

義景に会いにでかけた十兵衛さん。

蹴鞠に興じる義景に邪険にされて、この国でじっとしてるわけに

いかないと、織田信長(染谷将太)の戦いを自分の目でみようと決心します。

戦は嫌いだけれど、自分だけが平和でいるわけにはいかない。

大きな国を作る。斎藤道三(本木雅弘)の残したこの精神を引き継いで、

明智左馬之助(間宮祥太朗)ととともに尾張へ向かいました。

 

ところで、十兵衛さん。

左馬之助を3回も尾張方面へ向かわせてません?

かつての主君・斎藤道三のようなわがままっぷりのような・・・。

やはり主君に似てしまうのは仕方ない?

スポンサーリンク

20話麒麟がくる見どころ

松平元康の最終形態、登場!

元服を終えた松平元康(風間俊介)がいよいよ登場しました。

後の徳川家康、いよいよ最終形態です。

三河の国を取り返すためには、今は今川に従わなくてはならないと考えた

元康は、戦の先陣を切ることになります。

姉のように感じている駒ちゃん(門脇麦)から必ず戦から帰ってこれるという

お守り代わりの丸薬を渡されます。

 

くまぞう
くまぞう

実際に徳川家康は薬に興味があって、自分で調合してたんだって。

戦の時に傷ついた家臣に、自分で調合した薬を与えたというエピソードも残っています。

 

駒ちゃんの薬の知識が後の徳川家康の薬への興味につながっていくのかな。

明智光安は生きのびて、駿河で丸薬を作る老人になっていた?
麒麟がくる20話「家康への文」の放送がありましたね。 いよいよ尾張と駿河の国の緊張感が高まってきて、 桶狭間での対決の直前でした。 駿河の国にいる駒ちゃんが、戦場に行く元康(徳川家康)のために 渡した万能薬を作った人...

 

この薬を持って、戦場へ向かう家康。これから決戦の前夜に突入します。

徳川家康と駒の関係は?菊丸にライバル出現か!麒麟がくる三角関係の予感
大河ドラマ麒麟がくるで菊丸さんにあらたなライバルが登場です!駒ちゃんを巡って三角関係になりそうな相手はなんと!大御所様の徳川家康のようです。人質として一人で毎日を過ごす徳川家康に出会う駒ちゃん。つらい日々を過ごしている家康は駒ちゃんのやさしさに触れて気持ちが揺れたようです

 

 

くまぞうのあらすじ動画はこちらから。

【麒麟がくる】大河ドラマ第20話「家康への文」小学4年生が語るあらすじ

 

続きが知りたい!麒麟がくるの21話のあらすじネタバレはこちらです。

麒麟がくる大河ドラマ第21話「決戦!桶狭間」あらすじネタバレ
見てくださってありがとうございます! 今回は、麒麟がくる第21話「」のあらすじを記事にまとめました。 内容は、十兵衛さんが尾張に行って義元が尾張に潜入してきました! 信長は、本隊の軍を減らすため佐々隼人守(佐々成政の兄)に信長は我だといわせて桶狭間に向かいました。

 

麒麟がくるのドラマを楽しむための年表を作りました!

麒麟がくる年表でわかる!明智光秀の生きた戦国時代のまとめ
今回は大河ドラマ麒麟がくるのあらすじを紹介しながら光秀の生きた戦国時代を分かりやすく紹介します。 ナレーションの海老蔵さんが説明していることで、なぜ起こったのか気になりませんか? 今回は、主に明智光秀が戦った争いを中心に麒麟がくるのドラマの年表を分かりやすくまとめました。

明智家の家紋は桔梗をかたどったもの。そのルーツとは?

明智家の桔梗家紋の意味とは悲劇の家紋といわれるのはなぜ?
今回は、大河ドラマ「麒麟がくる」主人公明智光秀の家紋桔梗紋を記事をまとめました 家紋とは、何か?家紋の種類、などわかりやすく説明します。 明智家家紋がなぜ桔梗紋を使っていたのか、桔梗紋に関するエピソードをまとめてみました。

麒麟がくるのキャストを紹介!気になるあの人は誰?

麒麟がくるキャスト一覧!出演者をわかりやすく説明
麒麟がくるのキャストを一覧でまとめました。大河ドラマといえば豪華なキャストで知られています。 長谷川博己さんをはじめ、多くの出演者のプロフィール記事のまとめました。 大河ドラマを見る参考にしてみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました