麒麟がくる21話感想まとめ「決戦!桶狭間」

スポンサーリンク
大河ドラマ
スポンサーリンク

麒麟がくるの21話の放送終了後の感想のまとめです。

第21話は「決戦!桶狭間」でした。

これまでのお話についての一覧はこちらからどうぞ。

麒麟がくるあらすじと感想まとめ1話から最終話まで一覧
大河ドラマ麒麟がくるのあらすじ一覧です。1話から最終話までのネタバレを含みますので、知りたくない方は注意してください。随時追記していきます。麒麟がくるのタイトルに込められた意味を脚本を手掛けた池端さんがコメントします。

 

それでは、第21話の感想いってみましょう~。

くまのこ
くまのこ

ネタバレありなので注意してください。

スポンサーリンク

麒麟がくる21話の感想

21話の感想

松平元康(風間俊介)は、16年あっていない母・於大の方から、

戦いから手を引くようにと文を受け取ります。

勝っても負けても三河に利は何もない、と言われ菊丸(岡村隆史)に

説得されます。

しかし元康は母と菊丸の気持ちを汲んで、織田方についたとしても

今川の大軍には及ばず、勝ち目はないと思い今川義元(片岡愛之助)に従うことにします。

家臣を危険にさらすことを考えると、織田側に付くことが

できなかったんですね。

 

一方で織田信長(染谷将太)は、元康の決断を知って籠城することを決めます。

しかし城内にいる今川のスパイを欺くため、信長は籠城すると

家臣に伝えたのでした。

 

今川軍が全く歯が立たない数ではないということにかけた

信長は、敵の数を分散する作戦を立てて命を懸けた

戦いに挑みます。

泣きそうになる帰蝶に小さな男の子の存在を知らせます。

帰蝶と信長の間には子供がいなかったので、側室との子で

ある奇妙丸という男の子です。

信長が出発した後に、十兵衛さん(長谷川博己)と

明智秀満(間宮祥太朗)が会いにいくと、涙をこらえています。

 

子どもはいなかったけど、夫婦のきずながしっかりと

築かれていたのですね。

帰蝶様、心中穏やかじゃなかったけど、きっとかわいい奇妙丸を

育てていくうちにさらに信長といい関係が築けそうですね。

明智光秀と帰蝶(濃姫)の本当の関係は?織田信長とまさかの三角関係?
大河ドラマ麒麟がくるの明智光秀は織田信長の正室帰蝶といとこであったといわれています。また一方で二人は恋愛関係で織田信長と三角関係になったというドラマもありました。本当の関係はどうであったのか調べてみました!またドラマのオリジナルキャラクターの登場で光秀を巡るあらたな関係が描かれそうです。

 

今週の十兵衛さん

越前の朝倉義景(ユースケ・サンタマリア)にがっかりして、馬を走らせて桶狭間の戦いを

この目で見ようと左馬之助とやってきた十兵衛さん。

織田信長の命をかけた戦いの一部始終を見守ります。

天が味方をしたとしか思えない勝利であった桶狭間の戦い。

かつての主君・斉藤道三(本木雅弘)が、信長から目を離すな

と言っていたのは間違いではなかったと思ったことでしょう。

 

桶狭間の戦いについてはこちらでも記事にしています。

桶狭間の戦い(織田信長vs今川義元)信長の奇襲はほんとうだったの?
今回は、麒麟がくる主人公明智光秀の主君である織田信長の若き日の戦い桶狭間の戦いを記事にしました。 桶狭間の戦いは今川家と織田家の戦いですが、信長の父の織田信秀の頃から敵対していた義元を信長が討ち取るのです。 麒麟がくるでは桶狭間の戦いがどのように描かれるのか楽しみです。
スポンサーリンク

21話麒麟がくる見どころ

今川義元の首をとった毛利新助を演じたのは今井翼さん

 

海道一の弓取りと言われた今川義元が、信長の作戦により討ち取られてしまいます。

信長が勝利をおさめますが、実際に義元の首を取ったのは家臣の毛利新助。

あの今井翼さんが演じています。毛利新助とはどのような人物だったのでしょうか?

今井翼が演じる毛利新助とは?織田家に尽くしたその生涯とは?
今回は大河ドラマ「麒麟がくる」で毛利新助を演じる今井翼さんのプロフィール・経歴を紹介します。 必ず信長を知るには出てくる桶狭間の戦い、この戦いで活躍をしたのが、毛利新助です。 毛利新助は信長の小姓として、桶狭間の戦いに参加し敵将・今川義元を討ち取ります。

 

信長の承認欲求が炸裂!

桶狭間の戦いで今川義元を討ち取り、勝利をおさめた信長。

水を差しだす十兵衛さんに、

「ほめてくれるか?」とたずねます。

親に褒められたことがなく、特に母親からの愛情が不足している信長。

十兵衛さんの帰蝶様は褒めてくれるでしょうという言葉に、

帰蝶は母親の姿を重ねます。

 

勝ってうれしいはずなのに、どこかせつない笑顔にも見えましたね。

くまのこ
くまのこ

ただただ、母親に褒めてもらいたかったのね。

駒ちゃんと東庵先生はどこへ行く?キーワードはあの丸薬?

駿河に踏みとどまっていた駒ちゃんと東庵先生。

今川軍が戦いに負けて、駿河にいる必要もなくなりました。

京に戻ろうかと話す東庵先生。

駒ちゃんも同意します。

しかし、気になるのがお灸を毎日のように施術していたなぞの老人。

最後に行くと、あの元康にも渡した万能の丸薬のレシピを教えてくれます。

この丸薬、今後も重要な気がしますね!

明智光安は生きのびて、駿河で丸薬を作る老人になっていた?
麒麟がくる20話「家康への文」の放送がありましたね。 いよいよ尾張と駿河の国の緊張感が高まってきて、 桶狭間での対決の直前でした。 駿河の国にいる駒ちゃんが、戦場に行く元康(徳川家康)のために 渡した万能薬を作った人...

 

くまぞうのあらすじ動画はこちらから。

後で追記します。

 

 

続きが知りたい!麒麟がくるの22話のあらすじネタバレはこちらです。

麒麟がくる大河ドラマ22話「京よりの使者」あらすじネタバレ
見てくださりありがとうございます。 今回は、麒麟がくる第22話大河ドラマのあらすじを記事にまとめました。 内容は、桶狭間の戦いで義元が討ち取られて十兵衛が京に行くと決意しました。 京で駒と東庵は、喧嘩をして近衛家の当主・近衛前久と会います。 そして、十兵衛は義輝の噂を聞きました。

織田信長と今川義元の戦い、桶狭間の合戦についてはこちらもどうぞ。

桶狭間の戦い(織田信長vs今川義元)信長の奇襲はほんとうだったの?
今回は、麒麟がくる主人公明智光秀の主君である織田信長の若き日の戦い桶狭間の戦いを記事にしました。 桶狭間の戦いは今川家と織田家の戦いですが、信長の父の織田信秀の頃から敵対していた義元を信長が討ち取るのです。 麒麟がくるでは桶狭間の戦いがどのように描かれるのか楽しみです。

 

麒麟がくるのドラマを楽しむための年表を作りました!

麒麟がくる年表でわかる!明智光秀の生きた戦国時代のまとめ
今回は大河ドラマ麒麟がくるのあらすじを紹介しながら光秀の生きた戦国時代を分かりやすく紹介します。 ナレーションの海老蔵さんが説明していることで、なぜ起こったのか気になりませんか? 今回は、主に明智光秀が戦った争いを中心に麒麟がくるのドラマの年表を分かりやすくまとめました。

 

麒麟がくるのキャストを紹介!気になるあの人は誰?

麒麟がくるキャスト一覧!出演者をわかりやすく説明
麒麟がくるのキャストを一覧でまとめました。大河ドラマといえば豪華なキャストで知られています。 長谷川博己さんをはじめ、多くの出演者のプロフィール記事のまとめました。 大河ドラマを見る参考にしてみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました