麒麟がくるの武士も忍者も食べていた?兵糧丸の名前の由来や歴史を紹介!

スポンサーリンク
こどもを歴史好きにさせるコツ
スポンサーリンク

戦国時代の食べ物を再現する戦国クッキング、

今回は兵糧丸(ひょうろうがん)をご紹介します。

兵糧丸は戦国時代の戦をする足軽や、

忍びと言われる忍者が休む合間に食べていたものです。

そんな兵糧丸の名前の由来や、歴史を調べてみました。

歴史好きになるきっかけにしてみてください。

くまぞう
くまぞう

それでは、戦国クッキングいってみよ~

スポンサーリンク

兵糧丸の歴史や名前の由来

歴史

時は戦国時代で織田信長が飛躍的に活躍した時のことです。

実は兵糧丸は戦国時代で戦うものによって作られました。

この兵糧丸は武田信玄・上杉謙信・竹中半兵衛・徳川家康と言った、

名だたる武将も使っていたいわば戦時に食べる陣中食です。

これは戦国時代に戦うものが、

主君や殿さまの為や少しでも楽に戦えるようにと、

思われ作られた悲願の末に生まれた料理です。

携帯食として使われていたので、そのレシピは秘伝とするところが多く、

あまり知られていません。

 

まさに戦国時代の食べ物です。

 

名前の由来

兵糧丸の名前の由来は、兵糧としての丸薬、と言われています。

 

戦う戦士のエネルギー源となる携帯食です。

兵糧丸とは、穀類や漢方薬などの材料を粉にして練って球状に丸めたものです。

丸い一口大サイズなので、兵糧丸と名付けられたのではないでしょうか。

栄養価が高く、お腹も満たされる、戦国時代のパワーフードなのです。

スポンサーリンク

兵糧丸のつくり方

材料

《・小麦粉 ・すりごま ・料理酒 ・上新粉 ・蜂蜜 ・きな粉》

手順

《》の中のものをボウルに入れます。

入れたら混ぜて混ぜにくい時は少しずつ水を入れて混ぜます。

混ぜたら丸くまとめます。

そして蒸し器に入れて20~30分蒸して、

天日干しすれば完成です。

実際に作ってみました!

【小学生クッキング】「麒麟がくる」まで、兵糧丸(ひょうろうがん)を作ってみた!

コメント

タイトルとURLをコピーしました