麒麟がくる大河ドラマ第23話あらすじネタバレ「義輝、夏の終わりに」

スポンサーリンク
大河ドラマ
スポンサーリンク

麒麟がくるが再開しました。

京でのストーリーが展開し、十兵衛さんの活躍が期待されます。

9/6日放送の23話のあらすじをまとめてみました。

くまのこ
くまのこ

ネタバレを含みますのでご注意ください。

それでは、麒麟がくるの23話のあらすじいってみましょう~!

スポンサーリンク

麒麟がくる大河ドラマ第23話あらすじネタバレ

夏の終わりに、十兵衛(長谷川博己)は信長(染谷将太)の一時居城だった小牧山城に向かいました。

小牧山城は、美濃と尾張に境目にあった城で、尾張では

美濃の国を治める斎藤義龍(伊藤英明)の子、龍興との戦が続いていました。

 

光秀は、信長と一度は会いましたが信長は今忙しいといわれ、

家臣であった木下藤吉郎(佐々木蔵之介)に会い、席に着き話しました。

藤吉郎は十兵衛に、将軍義輝(向井理)の暗殺計画があるということを伝えます。

そんなことはでたらめだと十兵衛は言いましたが、

藤吉郎は近江の六角氏の家臣から聞いた確かな話だといいます。

 

十兵衛はこの計画を確かめるために、急いで大和の国に行き、

松永久秀(吉田鋼太郎)に事情を聴きました。

 

そのころ駒たちは、伊呂波太夫(尾野真千子)と一緒に大和の国にいた駒は

前に見た僧侶・覚慶(滝藤賢一)と再会し、話します。

傷ついた人の一部しか助けることができない自分のふがいなさを

嘆いていました。

そして麒麟がくる世の中にならないと、人々が幸せにならないといい

麒麟の話を知っている駒を驚かせます。

 

すると数人の武士が来て、覚慶と駒は逃げ出します。

市に出ると、芸人の輪に入っていく駒を覚慶がじっと見つめています。

そこへ、細川藤孝(眞島秀和)らに挟まれてしまい、

寺に連れ戻されてしまいます。

 

十兵衛は、松永久秀に会いに大和の国を訪れます。

久秀は、義輝は殺さないが追放するといい、息子にも言ったと十兵衛に言います。

十兵衛が久秀に対して怒っていると、別室から細川藤孝(真島秀和)がやってきました。

 

藤孝は、義輝の心から皆が離れていき、もはや新しい将軍を迎えるしかないといい

悔しさのあまり涙を流しました。

永禄の変とは?麒麟がくるに登場の将軍・足利義輝の最期の戦い
今回は「足利将軍が自ら兵を率いて出つ陣した」と言われる永禄の変を紹介します。 松永久秀が「悪」と言われる理由にもなった永禄の変。 三好義継が三好家の養子になってからの最大の、事件とも言えます。 その永禄の変を歴史を知らない人でも、わかりやすく解説します。

 

十兵衛は京に戻り、二条御所に行きました。

 

案内されて義輝の部屋に行くと、義輝は、席にポツンと座っていました。

十兵衛は、結局なんの役にも立てなかった申し訳なさに顔が上がりませんでした。

そんな十兵衛を義輝(向井理)は、微笑み「やむを得ぬ」といいまいた。

義輝は、「命ある限り幕府を守って見せる」といいました。

麒麟がくるの意味は?向井理の将軍・義輝はなぜ涙を流していたのか?
麒麟がくる11話で向井理さん演じる足利義輝が麒麟について語りました。 平和の世の中をもたらす人物にこそ、麒麟が現れる。そう静かに語り、涙を流したそのわけは?

 

くまぞうの23話あらすじと人物関係図はこちら!

 

麒麟がくる大河ドラマ23話「義輝、夏の終わりに」のあらすじ説明

 

麒麟がくる一話から最終話まであらすじと感想のまとめはこちら

麒麟がくるあらすじと感想まとめ1話から最終話まで一覧
大河ドラマ麒麟がくるのあらすじ一覧です。1話から最終話までのネタバレを含みますので、知りたくない方は注意してください。随時追記していきます。麒麟がくるのタイトルに込められた意味を脚本を手掛けた池端さんがコメントします。

 

麒麟がくるのすべてがわかる!年表でまとめてみました。

麒麟がくる年表でわかる!明智光秀の生きた戦国時代のまとめ
今回は大河ドラマ麒麟がくるのあらすじを紹介しながら光秀の生きた戦国時代を分かりやすく紹介します。 ナレーションの海老蔵さんが説明していることで、なぜ起こったのか気になりませんか? 今回は、主に明智光秀が戦った争いを中心に麒麟がくるのドラマの年表を分かりやすくまとめました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました