麒麟がくる16話のあらすじまとめ視聴率は16.2%!

スポンサーリンク
大河ドラマ
スポンサーリンク

大河ドラマ麒麟がくるの16話視聴率は16.2%でした!

今回は16話のあらすじと振り返りも一緒にまとめました。

ますます楽しくなってきた大河ドラマ麒麟がくるを楽しみましょう~

スポンサーリンク

麒麟がくる16話あらすじ

斉藤道三(本木雅弘)は次男の孫四郎(長谷川純)と三男の喜平次(犬飼直樹)を

長男・義龍(伊藤英明)に殺され、大桑城へ向かい戦いの準備を始めます。

美濃の国はいつ争いが起きるかもしれない状況の中、

十兵衛は(長谷川博己)は尾張の帰蝶(川口春奈)の元を訪れます。

美濃の国のことには口をはさまず、道三をたきつけるのをやめてほしいと

お願いに上がるのです。

帰蝶は十兵衛が孫四郎を追い返したことを根に持っているので

聞く耳を持ちません。十兵衛を追い返してしまいます。

 

同じ頃、駿河の国では軍師の太原雪斎(伊吹吾郎)が亡くなります。

今川軍は雪斎が亡くなったことを隣国に知られてはまずいため、

東庵と駒を寺に閉じ込めます。

そこで二人は今川軍に人質として生活している松平元信、後の徳川家康

池田優斗)と出会います。

そこへ薬問屋で働く菊丸(岡村隆史)が薬草を届けに訪れます。

美濃の国の様子を聞いた駒は、ここから連れ出してほしいと菊丸に懇願します。

 

一方美濃では、義龍(伊藤英明)が十兵衛に明智家の領地替えを

考えていると伝えます。

義龍は明智家に広い領地を用意するが、十兵衛の叔父の光安(西村まさ彦

には隠居してもらい、十兵衛が当主となるよう命じます。

 

明智荘に戻り、このことを知った光安は先祖代々のこの領地を守れなかったと

涙を流して十兵衛にわびるのです。

そして、愛鳥を野に放ち、義龍に命を預けようとは思わないと言い放ちます。

十兵衛は二日だけ待ってほしいと言い、道三のいる大桑城へ向かいます。

 

大桑城では、道三が鎧をつけて戦闘準備をしています。

そして争いを止めに説得をしに来た十兵衛に話し始めます。

義龍は自分は道三の子ではなく、土岐頼芸の子だと偽りを言っている。

偽りをいうものは必ず人をあざむく、そして国をあざむく。

決して国は穏やかにはならぬ。

このように言い、続けます。

道三は戦でたくさんの家臣を死なせてきた。毎晩その家臣の名を唱えていたが、

最近名前が出てこなくなってしまった。自分の老いを感じて家督を譲ることに

したが、譲る相手を間違えた。間違えは正さねばならぬ。

と、道三はだんだんと強くはっきりとした口調になってゆきます。

 

道三の父は、油売りで美濃にいついた成り上がりもの。

その父が道三によく言っていたことが

美濃も尾張もみな1つになればよい。

そうすれば、豊かな大きな国となり、誰も手出しができぬ。

そして、道三もまた、

大きな国を作るのじゃ。誰も手出しはできぬ、大きな国を。と言い、

十兵衛に、信長から目を離すな。あの男はやるかもしれぬ。と言い残し、

立ち去ります。

 

十兵衛が明智荘に戻ると、大桑城を出た道三の情報を聞いた光安が

一足先に出発していました。

十兵衛は藤田伝吾(徳重聡)に、「戦にはいかぬ。」といいつつも、

鉄砲を取り出し、考えます。

そして、熙子(木村文乃)を呼び、

「戦じゃ。戦に参る!」といい、出陣の支度をするよういいます。

家臣を集めた十兵衛は、

「叔父上の後を追う。鶴山へ。敵は高政さま!」というのです。

 

くまのこ
くまのこ

来週も麒麟がくるがたのしみですね

斉藤道三の名言&名シーンを集めました!道三ロスの方はこちらをクリック!

斎藤道三名言集!麒麟がくる・道三ロスの人に名シーンを振り返り!
今回は麒麟がくるで斎藤道三を演じる本木雅弘さんのプロフィールや経歴、知られていないもっくんのことをまとめました。 麒麟がくる道三を嫌う理由がわかる道三が義龍を信じていなかったことをまとめます。 三男の孫四郎や喜平次を信頼して義龍だけを信じていなかった、義龍が道三を嫌う理由を分かりやすく解説します。 道三が出演した麒麟がくるのあらすじや、画像特集などをまとめました。

 

麒麟がくるすべてがわかる光秀が生きた年表についてはこちら↓

麒麟がくる年表でわかる!明智光秀の生きた戦国時代のまとめ
今回は大河ドラマ麒麟がくるのあらすじを紹介しながら光秀の生きた戦国時代を分かりやすく紹介します。 ナレーションの海老蔵さんが説明していることで、なぜ起こったのか気になりませんか? 今回は、主に明智光秀が戦った争いを中心に麒麟がくるのドラマの年表を分かりやすくまとめました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました