池田優斗(麒麟がくる大河ドラマ松平元信役)徳川家康第2形態!!

スポンサーリンク
大河ドラマ
スポンサーリンク

2020年大河ドラマ麒麟がくる新しく5月2日に新キャスト池田優斗(いけだゆうと)さんが松平元信役で出演することが発表されて、ニュースになっていました。

 

今回は、大河ドラマ麒麟がくる第16話に登場する池田優斗さんのことや

元服して竹千代(岩田琉聖君)から元信と改名したことについて

記事にまとめました。

くまぞう
くまぞう

麒麟がくるを楽しむ参考にしてね!

 

スポンサーリンク

徳川家康は、幼名・竹千代から元信に!

1542年12月6日に竹千代は、三河の国の小大名・松平広忠(浅利陽介)の子として生まれます。

しかし、今川の人質になることを決められました。

ですが、叔父の水野信元(横田栄司)が裏切り、

織田信秀(高橋克典)と織田信長(染谷将太)の人質になってしまいます。

 

その時、今川義元(片岡愛之助)が重臣・太原雪斎(伊吹吾郎)から聞き、

すぐに軍を出し織田を攻めます。

 

そして、笠寺にて信広と竹千代の人質交換が行われました。

1555年3月に義元の一字と水野信元の一字をもらったとされ元信と改名します。

 

麒麟がくるでは16話で初登場!

16話「大きな国」では、駿河の国で、今川軍の人質として暮らし、駒と東庵と出会います。

もしかしたらの展開があるのかもしれません!

徳川家康と駒の関係は?菊丸にライバル出現か!麒麟がくる三角関係の予感
大河ドラマ麒麟がくるで菊丸さんにあらたなライバルが登場です!駒ちゃんを巡って三角関係になりそうな相手はなんと!大御所様の徳川家康のようです。人質として一人で毎日を過ごす徳川家康に出会う駒ちゃん。つらい日々を過ごしている家康は駒ちゃんのやさしさに触れて気持ちが揺れたようです

 

スポンサーリンク

池田優斗のプロフィールと主な出演作品

生年月日

2005年 6月25日

出身地 埼玉県

血液型 A型

 

池田優斗経歴

2010年、優斗さんが5歳の時に芸能界に入ります。

2011年ドラマ「深追い」でドラマ初出演。

 

主な出演作品

2012年の大河ドラマ「平清盛」にも出演します。

この作品では、平墓盛の幼少期を演じました。

 

2018年の大河ドラマ「西郷どん」にも出演。

この大河では、薩摩藩士・有村俊斎(海江田信義)の幼少期を演じます。

 

2018年7月12日~9月13日まで放送されたグッドドクターです。

優斗さんは、第8話の早見翔太を演じます。

このドラマの出演で演技力が注目されました。

スポンサーリンク

まとめ

竹千代は、織田や今川の人質になっていて1555年に元服をした。

改名名は、松平元信(まつだいら・もとのぶ)です。

 

池田優斗さんは、2010年から俳優の仕事をデビューしました。

グッドドクターにも出演して、早見翔太を演じました。

16話ではこれから三角関係の予感がするストーリーでした!

徳川家康と駒の関係は?菊丸にライバル出現か!麒麟がくる三角関係の予感
大河ドラマ麒麟がくるで菊丸さんにあらたなライバルが登場です!駒ちゃんを巡って三角関係になりそうな相手はなんと!大御所様の徳川家康のようです。人質として一人で毎日を過ごす徳川家康に出会う駒ちゃん。つらい日々を過ごしている家康は駒ちゃんのやさしさに触れて気持ちが揺れたようです

コメント

タイトルとURLをコピーしました