麒麟がくる大河ドラマ第20話あらすじネタバレ「家康への文」

スポンサーリンク
足利義輝 大河ドラマ
スポンサーリンク

2020年大河ドラマ「麒麟がくる」第19話は、十兵衛(長谷川博己)と義龍(伊藤英明)が再開

しました。

そして、熙子(木村文乃)から十兵衛にビックニュースが入ります。

今回は、麒麟がくる大河ドラマ第20話「家康への文」のあらすじを記事にまとめました。

スポンサーリンク

麒麟がくる第20話あらすじネタバレ「家康への文」

十兵衛(長谷川博己)が、越前に戻ると赤子が生まれていました。

しかし、十兵衛の耳には尾張に行かせていた左馬之助(間宮祥太朗)が突然帰ってきました。

そして、尾張がもうすぐ三河の今川に攻められるといいます。

尾張の東は、今川の出城となっていていつ攻められるかわからない状況というのです。

また、三河には信秀の人質となっていた竹千代(岩田琉聖)が元服して元信(風間俊介池田優斗)と改名して初陣を果たしていました。

 

そのころ三河では、駒(門脇麦)が元信はもうすぐ戦に行ってくることを知っていて帰り道偶然元信と出会います。

 

そして、次はまた生きてこちらに帰ってるように丸薬を元信に渡します。

駒を支えている東庵(堺正章)は、今川義元(片岡愛之助)に呼ばれ今川館に行きます。

義元は、針治療を受けたいといってるのです。

しかし、目的は違い元信はどのような動きをしているか?裏切られたら困るので一諸にいる

東庵に聞いたのでした。

 

同年五月今川軍は、義元を大将とする25000の大軍で尾張を攻めに行きます。

信長(染谷将太)は、その話を聞いており帰蝶(川口春奈)がいる部屋に行きます。

すると、帰蝶は熱田宮に行くといい仕度をします。

刈谷城にいる竹千代の母・於大の方(松本若菜)と叔父・水野信元(横田栄司)を呼

んでいるといいました。

 

くまぞう
くまぞう

もしかしたら桶狭間の戦いの前に信長が言った熱田宮の馬の轡の音を仕掛けたのも尾張一の軍師帰蝶かもしれませんね!?

翌日、勇んで朝倉義景のいる朝倉館に十兵衛が行くと京から来た公家と遊んでいてそれに腹がたった

十兵衛は早歩きで家に帰ります。

そして、十兵衛は家にいた左馬之助に尾張への道案内をさせます。

スポンサーリンク

まとめ

十兵衛が、家に戻ると赤子が生まれて尾張が攻められそうだと聞きました。

尾張では、帰蝶が熱田宮に行ってしまい今川義元の25000の大軍が攻めてきました。

十兵衛は、尾張に行くために左馬之助に道案内をさせます。

今回の記事は、どうだったでしょうか?

麒麟がくるを家族で見てみたりひとりで見ていても楽しいと思います。

ぜひ見てみて下さい!

コメント

タイトルとURLをコピーしました