麒麟がくるの駒を助けたのは明智光秀の父?明智光綱とはどんな人物 

スポンサーリンク
こどもを歴史好きにさせるコツ
スポンサーリンク

2020年大河ドラマ・麒麟がくる主人公の明智光秀(長谷川博己)。

父親は明智光綱と言われています。

京の名医・東庵先生の助手の駒(門脇麦)を幼い頃に火事の現場から助けたのは、

明智家の人、どうやら光綱とのうわさがあります。

今回は、光秀の父・光綱が駒(門脇麦)を救った人物であるのか、理由をまとめてみました。

歴史好きになるきっかけや麒麟がくるを見る、

参考にしてみてください。

 

スポンサーリンク

明智光綱とは?

明智光綱の生涯

明智光綱は1497年に土岐明智氏の明智光継の長男として生まれます。

東美濃を本拠として土岐家に仕えましたが、

その後父・光継と供に美濃の国の守護代・斎藤道三(本木雅弘)に仕えます。

 

光綱には子供が3人いたといわれていて、

光秀・信教・康秀の中の長男・光秀が光綱の後継者と言われています。

 

明智光綱は若狭の国の大名・武田義家の娘・お牧の方を正室に持ち、

美濃明智城を拠点にしていたといわれます。

しかし、主君斎藤道三(本木雅弘)に本拠地・明智城を攻められてしまいます。

 

実は光綱はこの時、明智城の戦いで戦死したか病死したか、

死因はよくわかっていません。

(この光綱が戦った明智城の戦いは光安などが参加し、                    光秀が逃亡したという明智城の戦いではありません)

 

光安と義龍が戦った明智城の戦いはこちら↓

明智城の戦いは明智光安最期の戦い、光秀は逃亡?
今回は麒麟がくるで学友と描かれた斎藤義龍と明智光秀・明智光安が戦った明智城の戦いを、紹介します。 光安は義龍を裏切ると明智城に引きこもり斎藤家と戦うことを、決めます。 明智城の戦いで有名なのは光安が死んだことですが、光安は明智家を家名を残すために自害したといわれます。
スポンサーリンク

麒麟がくる登場 駒を助けたのは光綱?

光綱が駒を助けた根拠

まず光綱の生涯のほとんどが謎なのです。

大河ドラマ麒麟がくる10話では、駒(門脇麦)を助けた人物が、

明智家の人間であることがわかりました。

 

麒麟がくる1話では、光秀(長谷川博己)が旅に出る前に、

お牧さんが光秀(長谷川博己)のお父さん(明智光綱)も

旅に出ていたと話をしています。

 

光綱が京に行った可能性もありますね。

そこで、たまたま幼い駒(門脇麦)ちゃんを助けたとも考えられます。

 

もし光綱が駒(門脇麦)を助けたとしたら、当時駒(門脇麦)は4~5歳で、

幼い頃に助けられたと言っているので、光綱の可能性もあります。

 

駒(門脇麦)は大きな手の人に助けられたそうですが、

その時は幼かったので、大人の手が大きく見えるでしょう。

 

のんびりとしている明智光安(西村まさ彦)に駒(門脇麦)を助けることはできなさそうですし、

美濃の明智家の人間で、12・3年位前に4~5歳の子を助けられる年齢の

人物というと、十兵衛(長谷川博己)の父・光綱である可能性は大いにありますね。

 

また駒は、大きな手の人から、麒麟の存在を教えてもらいました。

いつか戦はおわり、そういう世の中を作れる人が出てくる。

その人は麒麟を連れてくる、そういう穏やかな世に麒麟はやってくる。

と教えられています。

 

ドラマの中では十兵衛(長谷川博己)さんが何かを変えなければ麒麟が来ないと言っています。

十兵衛(長谷川博己)も光綱から小さい頃に麒麟の話を聞いていたら、

麒麟がやってくる世の中になるよう考えていくのではないでしょうか。

 

将軍・足利義輝(向井理)も麒麟は来るが、道は遠いと言っています。

容易ではない麒麟がくる平和な国を目指して、光秀(長谷川博己)や義輝たちは

戦っていこうと決意するのかもしれません。

 

まとめ

麒麟がくるの駒(門脇麦)を幼い頃に助けた人物を予想してみました。

光秀(長谷川博己)の父・明智光綱ではないかと思います。

1話で女の子を火事から助けたとき、光秀の手が大きく映し出されたのも

気になる場面でした。

 

光秀(長谷川博己)の父から麒麟のことを伝え聞いて育った光秀(長谷川博己)がやがて

麒麟がくる国を目指して生きていくことになるのでしょう。

 

そして麒麟がくる第18話「越前へ」で駒(門脇麦)を助けたのは、

光秀(長谷川博己)の父でありお牧さんの夫である、

「明智光綱」ということがわかります。

 

光綱は土岐家の者と供に京に行った際、

火事に会い幼い女の子(駒)を助け、帰ってきてからも

心配をしていたとお牧さんが駒(門脇麦)に言います。

 

お牧さんは光綱が心配していたためか、

駒(門脇麦)さんの手を握り駒と一緒に泣いていました。

 

駒(門脇麦)は光綱に会いたかったと言い、

お牧さんも光秀も光綱のことを話し、今回は(18話)特に、

光綱という言葉が出てきました。

 

お牧さんは「いつか戦終わる、麒麟がくる

と言いました。

光綱とお牧さんは「麒麟」という言葉を使っているようなので、

まだまだ何か関係がありそうですね。

 

また光秀も父・光綱から「麒麟」を教えてもらった。

というので、光綱が同様に描かれていくのかが楽しみになってきましたね。

くまぞう
くまぞう

回想シーンでは尾関伸次さんが、

明智光綱を演じたよ!

 

最後までお読みいただいてありがとうございました。

くまのこ
くまのこ

麒麟がくるを楽しみましょう~!

麒麟がくるの18話の感想はこちらから。

麒麟がくる18話感想まとめ「越前へ」
大河ドラマ麒麟がくる18話の感想をまとめました。ドラマは美濃を離れて、越前へと展開します。 また尾張の国では織田信長に反旗をひるがえそうと謀反の計画が実弟の信勝によって企てられます。 いよいよ戦国時代の混乱に巻き込まれていく十兵衛さん。新しいキャストの登場も注目です。

 

麒麟がくるのドラマを楽しむための年表を作りました!

麒麟がくる年表でわかる!明智光秀の生きた戦国時代のまとめ
今回は大河ドラマ麒麟がくるのあらすじを紹介しながら光秀の生きた戦国時代を分かりやすく紹介します。 ナレーションの海老蔵さんが説明していることで、なぜ起こったのか気になりませんか? 今回は、主に明智光秀が戦った争いを中心に麒麟がくるのドラマの年表を分かりやすくまとめました。

 

麒麟がくるの1話からのあらすじ・感想をまとめました。

麒麟がくるあらすじと感想まとめ1話から最終話まで一覧
大河ドラマ麒麟がくるのあらすじ一覧です。1話から最終話までのネタバレを含みますので、知りたくない方は注意してください。随時追記していきます。麒麟がくるのタイトルに込められた意味を脚本を手掛けた池端さんがコメントします。

麒麟がくるキャスト一覧のまとめはこちらから。

麒麟がくるキャスト一覧!出演者をわかりやすく説明
麒麟がくるのキャストを一覧でまとめました。大河ドラマといえば豪華なキャストで知られています。 長谷川博己さんをはじめ、多くの出演者のプロフィール記事のまとめました。 大河ドラマを見る参考にしてみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました