麒麟がくる大河ドラマ第18話あらすじネタバレ「越前へ」

スポンサーリンク
大河ドラマ
スポンサーリンク

2020年大河ドラマ「麒麟がくる」第17話は、道三(本木雅弘)が

長良川の戦いで亡くなり、長良川で道三を討ち取った高政(伊藤英明)

は、十兵衛の叔父・明智光安(西村まさ彦)が守る明智城を攻めた話

でした。

 

長良川の戦いの戦いについてはこちらで詳しく語ってます。

長良川の戦いとは?斎藤道三・義龍親子最大の戦い明智光秀はどちらについた?
今回は、麒麟がくる大河ドラマ第17話で出てくる戦い長良川の戦いについて記事をまとめました。 内容は道三は、1556年に義龍軍と戦います。 道三と義龍が戦う前どんな状況だったのか? 尾張の織田信長は、援軍に駆け付けましたが道三は討ち取られていました。 十兵衛と光安は、その後義龍に攻められます。 光安は、亡くなり十兵衛は熙子や左馬之助とともに越前へ逃げます。

 

第18話は、どのように演かれるのでしょうか?

今回は、麒麟がくる大河ドラマ第18話「越前へ」のあらすじを記事にまとめました。

くまのこ
くまのこ

今回の記事には、ネタバレが含まれている可能性がありますご注意ください。

スポンサーリンク

麒麟がくる第18話あらすじネタバレ

1556年4月に行われた長良川の戦いで子の高政(伊藤英明)は、

父の斎藤道三(本木雅弘)を討ち取りました。

十兵衛(長谷川博己)と会った高政(伊藤英明)は、

次会うときは必ずそなたの首を取るといいます。

十兵衛が明智城に帰ると、そこには叔父の光安(西村まさ彦)がおり、

明智家はそなたに譲るといいここから逃亡するように言いました。

十兵衛は、城から脱出して落ち延びます。

明智城の戦いについては、こちらです。

明智城の戦いは明智光安最期の戦い、光秀は逃亡?
今回は麒麟がくるで学友と描かれた斎藤義龍と明智光秀・明智光安が戦った明智城の戦いを、紹介します。 光安は義龍を裏切ると明智城に引きこもり斎藤家と戦うことを、決めます。 明智城の戦いで有名なのは光安が死んだことですが、光安は明智家を家名を残すために自害したといわれます。

尾張方面へ逃げ延びようとする十兵衛の前に、菊丸(岡村隆史)と

駒(門脇麦)が現れ、尾張への道は義龍が監視を高めているので、北へ逃げたほうがいいと

言います。

帰蝶の命令で美濃に来た伊呂波大夫(尾野真千子)は、十兵衛と会い

越前へ逃れようと話します。

越前に落ちのびた十兵衛は、ついに越前の大名朝倉義景

ユースケサンタマリア)と出会うのです。

 

尾張では、斎藤道三(本木雅弘)の死の影響もあり、謀反の動きが出てきます。

弟の織田信勝(木村了)が美濃の斎藤義龍と手を組んで謀反をおこそうとする動きがあることを

知った織田信長は、戦をするしかないと考えます。

そこで帰蝶(川口春奈)は、愚か者の相手をする気か、呼び寄せて顔を合わせて話をして考える

べきだと進言します。

そして信長は信勝を自分の城へ呼び寄せます・・・。

スポンサーリンク

まとめ

新・キャストに朝倉義景役のユースケサンタマリアさんが登場。

十兵衛は、越前へ落ち延び大名・朝倉義景と出会う。

今回の記事はどうだったでしょうか?

麒麟がくるを見る参考にしてください!

麒麟がくるの18話の感想をまとめました。

麒麟がくる18話感想まとめ「越前へ」
大河ドラマ麒麟がくる18話の感想をまとめました。ドラマは美濃を離れて、越前へと展開します。 また尾張の国では織田信長に反旗をひるがえそうと謀反の計画が実弟の信勝によって企てられます。 いよいよ戦国時代の混乱に巻き込まれていく十兵衛さん。新しいキャストの登場も注目です。

麒麟がくるの全てがわかる!麒麟がくる年表はこちらから。

麒麟がくる年表でわかる!明智光秀の生きた戦国時代のまとめ
今回は大河ドラマ麒麟がくるのあらすじを紹介しながら光秀の生きた戦国時代を分かりやすく紹介します。 ナレーションの海老蔵さんが説明していることで、なぜ起こったのか気になりませんか? 今回は、主に明智光秀が戦った争いを中心に麒麟がくるのドラマの年表を分かりやすくまとめました。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました