麒麟がくる4話の感想・評判まとめ「尾張潜入指令」

スポンサーリンク
大河ドラマ
スポンサーリンク

麒麟がくる大河ドラマ4話の放送終了後の感想です。

第4話は、「尾張潜入指令」でした。

放送前に1話~3話までを一挙の再放送されたので、前回見逃した方も

じっくりとおさらいして、たっぷりと楽しめましたね~。

今週の十兵衛さんはかなり活躍しました!SNSをまとめてみました。

ネタバレも含みますからご注意ください。

スポンサーリンク

麒麟がくる4話感想

美濃に潜入する無理がある兄弟設定

第4話またまた菊丸登場~!

しかも十兵衛さんと美濃の国へスパイとして潜入します。

薬草を売る兄弟という設定のでこぼこコンビ。

無理がありすぎません?

 

しかも、兄が菊丸です。

よくバレませんでしたね、よかったよかった。

 

今週の十兵衛さんは・・・

今週の十兵衛さん。

駒ちゃんに叱られます。 以上w

駒ちゃんから、

「私が京に早く帰ってもいいんですか?!私はその、ちょっと

寂しいです・・・」

に対して、十兵衛さん、きょとん。

駒ちゃんを京に無事に返すために、危険をおかして

信秀の状態を美濃の国へ侵入し情報を手に入れたのです。

しかし、そんなことは知らない駒ちゃん。

そして、十兵衛さんは全然わかってないのでしょうね、女心。

スポンサーリンク

麒麟がくる第4話の見どころ

モッくん道三と謎の名医の腹の探り合い!

 

毎週毎週、宿敵を恐ろしい勢いで倒していくモッくん道三

尾張の武将・織田信秀はまんまとだましてボコボコだったし、

娘婿の土岐頼純は毒殺しちゃいました。

主君・土岐頼芸は、睨んだだけで、瞬殺。ちーん。

 

そして今週の対戦相手は、医者の望月東庵。

どちらも切れ者でお互いはらの探り合いで強敵でした!

さすが謎の名医・望月東庵。

 

実は本木雅弘さんと堺正章さんは1998年の大河ドラマ「徳川慶喜」以来の22年ぶりの共演です。

2人と化かし合いっぷりが面白かった!ですね。

 

くまのこ
くまのこ

でも、信秀の病状を診断するのは、本当に名医でした。

 

十兵衛さんを救ったのはだれ!?菊丸の正体!

 

なんとか古渡城に潜入して信秀の病状を知ることができた十兵衛さん、

菊丸とともに急いで美濃へ戻ろうとします。

しかし山林の中を追い詰められて、応戦した十兵衛さん。

刀を持って立ちまわったり、急斜面を駆け上がったりと、

 

くまのこ
くまのこ

かなりハードなシーンでしたね。

 

派手に立ち回りをした十兵衛さんでしたが、もう駄目だーって

ときに救われます。

いったい誰なんでしょう?

しかも、1人じゃないらしいです

十兵衛さんに、「助けてくれたのは誰だ?」

と聞かれて、菊丸はかなり動揺して、答えられずにいました。

 

くまのこ
くまのこ

もう、菊丸はただの農民なんかじゃない気がします。

 

菊丸の走り方がまるで忍者のようです。

以前、ここでは菊丸の正体を予想しましたが、

岡村隆史演じる菊丸は光秀の○○!?麒麟がくる次回菊丸登場はいつ?
岡村隆史さんが大河ドラマ麒麟がくるの菊丸役で出演しています。 謎の人物の菊丸の正体は誰なのか気になりますね。今回は菊丸の正体を予想してその根拠をまとめました。 菊丸の次回の登場も予想してみました

どうやら別の人物の可能性も出てきましたね。

 

実は、菊丸の衣装って、大根の柄で農民をイメージしているんです。

しかし、これも秘密があるということは、農民もやはり、

カモフラージュなんでしょうね。

 

くまのこ
くまのこ

来週の予告の伊平次って誰でしょうね。こちらも気になります。

スポンサーリンク

今週の武将さまのコメントです

またまた、来週も楽しみですね!

 

これまでのあらすじや感想をまとめた一覧です

麒麟がくるあらすじと感想まとめ1話から最終話まで一覧
大河ドラマ麒麟がくるのあらすじ一覧です。1話から最終話までのネタバレを含みますので、知りたくない方は注意してください。随時追記していきます。麒麟がくるのタイトルに込められた意味を脚本を手掛けた池端さんがコメントします。

次の5話まで待てない!という方はこちらへどうぞ。

ネタバレアリです。

麒麟がくる第5話あらすじネタバレ
麒麟がくる5話のあらすじですネタバレを含みます。鉄砲を作っている伊平次という人物を探して旅をする十兵衛。そこでの出会いは・・・
麒麟がくる5話伊平次役は玉置玲央!伝説のお母さんモブ夫と二刀流
麒麟がくる5話に登場する伊平次役は俳優の玉置玲央さん。劇団を中心に活動していますが、多くのテレビドラマにも出演しています。 今回は伊平次役の玉置さんのプロフィールや経歴受賞歴などをまとめました。今後はテレビでみることも増えるかもしれません。 大河ドラマを楽しむ参考にしてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました