高良健吾(大河ドラマ2021青天を衝け渋沢喜作役)のプロフィールと経歴を紹介!!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

2021年大河ドラマの青天を衝け。

「日本経済の父」と呼ばれた渋沢栄一の生涯を描いた大河ドラマです。

今回は、青天を衝け渋沢栄一の従兄妹の渋沢喜作の生涯と渋沢

喜作を演じる高良健吾をプロフィールと経歴を記事にまとめました。

 

くまのこ
くまのこ

記事には、青天を衝けのネタバレを含む場合が

あります。

ご注意ください。

くまぞう
くまぞう

青天を衝けを楽しむ参考になるといいな~

 

 

 

スポンサーリンク

青天を衝け渋沢喜作の生涯を解説!

くまぞう
くまぞう

渋沢喜作ってどんな人なんだろう?

渋沢喜作とは?生涯を解説!

1838年に喜作は、武蔵の国血洗島で渋沢文左衛門の長男

として生まれました。

成長した喜作は、従兄妹の渋沢栄一(吉沢亮)とともに尊王攘夷思想

になり始め高崎城を乗っ取り横浜を焼き長州藩と連携を取る

様な考えを持っていました。

 

一旦江戸へ逃げますが、一橋慶喜(草彅剛)の家臣となります。

一橋慶喜が将軍になると喜作と栄一は、上京しました。

栄一がパリ万博に行くと1868年に戊辰戦争が勃発します。

喜作は、将軍職を辞任した慶喜を守るために彰義隊(しょうぎたい)を結成

しました。

ですが、彰義隊の将と喧嘩して彰義隊をみずから抜けて

振武軍(しんぶぐん)を結成しました。

 

その後、飯能戦争で振武軍は新政府軍と戦いますが敗北します。

そして、戊辰戦争最後の戦いである箱館戦争が勃発します。

喜作もこの戦に参戦しますが、旧幕府軍が降伏したことで

新政府軍に投降しました。

 

戊辰戦争後は、大蔵省に就任して富岡製紙場の頭首となるため

ヨーロッパに渡航した後に大蔵省を辞任しました。

 

大蔵省を辞任すると、喜作は栄一の推薦により深川に家を建て

自ら渋沢商店を開きました。

1878年の東京商法会議所設立には発記人として参加しました。

その後も喜作は、栄一が作る会社を見守っていきました。

くまぞう
くまぞう

栄一の生涯のパートナーだったよ!

スポンサーリンク

高良健吾のプロフィールと経歴紹介!

高良健吾 (こうら・けんご)

誕生日 1987年11月12日

出身地 熊本県熊本市中央区

血液型 О型

 

高良健吾の経歴紹介!!

1987年に熊本県で生まれます。

高校の時に熊本の情報雑誌の「くまもと」にスカウトされ

モデルとして活躍します。

高校卒業の時に「くまもと」の副社長に芸能界の社長を紹介

されて芸能界デビューします。

 

2005年に放送された「ごくせん」で出演し俳優デビューします。

さらに、2006年の「ハリヨの夏」で出演して映画デビューもしました。

 

高良健吾の出演ドラマ紹介!!

 

2006 ハリヨの夏 杉本翔役

高良健吾の映画デビュー作。

この映画で高良さんは人気を集めました。

 

2016 シンゴジラ 志村祐介役

 

2019 人間失格 太宰治と三人の女たち 三島由紀夫役

 

大河ドラマ

2015 花燃ゆ 高杉晋作役

2015年に放送された大河ドラマ花燃ゆで幕末に活躍した

高杉晋作を演じます。

 

このように高良健吾さんは、他にも様々なドラマや映画などに

出演しています。

スポンサーリンク

渋沢喜作のまとめ

栄一がパリ万博に行くと、戊辰戦争で彰義隊や振武隊を

結成して活躍しました。

箱館戦争で旧幕府軍が負けると、明治政府に仕官しました。

その後、大蔵省に任命され栄一のパートナーとして活躍しました。

 

今回の記事は、どうだったでしょうか?

青天を衝け放送楽しみですね!

 

2021年大河ドラマ青天を衝けのキャスト一覧はこちらから!

青天を衝け2021年大河ドラマキャスト一覧!出演者を分かりやすく解説!!
2021年大河ドラマの青天を衝け。 「日本経済の父」と呼ばれた渋沢栄一の生涯を描いた 大河ドラマです。 青天を衝け豪華キャストが出演しています。 今回は、青天を衝け出演のキャストを分かりやすく 解説していこうと...

青天を衝けの初回から最終話までのあらすじはこちら!

青天を衝け大河ドラマあらすじ一覧!1話から最終話まで
大河ドラマ2021年青天を衝けは、渋沢栄一を主人公に描いた大河ドラマです。 今回は、青天を衝け放送されたあらすじの記事を一覧に記事にまとめました。 くまのこ 記事には、青天を衝けのネタバレを含む 場合...

コメント

タイトルとURLをコピーしました